人生

人生詳細

言いたいことが伝わらない理由


16864630_1294311573989062_7198529944704217703_n

 

自分の言いたいことが相手に伝わらないこと

伝わってないことってないですか?

 

相手に自分の意図することが伝わらなくて

もどかしい思いをしたことがある人は多かれ少なかれいると思います。

 

言ってることはとってもシンプルなことなのに、

それすらも伝わらないことがあります。

 

言い方、伝え方が悪いときもあるかもしれません。

 

いちばんの問題は

自分と相手の言葉の意味合いが違うということがあります。

 

 

言葉の意味合いが違う

 

人により言葉の意味合い、重さや理解度が違います。

 

それにより、伝えたつもりが伝わってない、

勘違いされて相手に伝わるということを起こすのです。

 

そして、勘違いされないように、伝わるように

言葉を重ねれば重ねるだけ、複雑になり、なおさら意味がわからなくなる、

主旨が違って捉えられるという問題を引き起こしていくことがあります。

 

もちろん、それ以外にもいろんなケースがありますが、

いちばんいいのは、自分と相手は考え方が違うのだとまずは認識することです。

 

 

認識した上で、対応していく

 

その上で、対応していけばいいのです。

 

同じと思うから、相手が間違えて捉えるであろうことに気づかないのです。

 

日本は同一性を好む人種ですが、

それでも考え方、捉え方は人それぞれ微妙に違います。

 

 

本来、言いたいことは伝わらないもの

 

基本、言いたいことは完全に伝わらないものだと思っていれば

言いたいことが伝わらなくても、もどかしさを感じることがなることでしょう。

 

完璧にしなくてもいいということ、

それぞれ違っているのが当たり前だという認識を持つことが必要かもしれません。

 

ただし、その上で自分が言いたいことを

どのようにして相手がわかって理解するように伝えていくか

それがお互いの理解を深めていく上での

コミュニケーションのおもしろいところかもしれませんね。

 

 

 

 

 

人間関係の悩み解消のカウンセリングなら、Blue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る