人生

人生詳細

年相応


17361641_1314718071948412_7435972033166188439_n

 

年相応という言葉に対して、どう思っていますか?

 

年相応に対して、

納得するものもあれば、納得いかないものもあります。

 

どんなに年を重ねても

すべての人が分別のある大人になれる訳ではありません。

 

どこか、幼いところだったり、純粋無垢なところだったり、

道理がわかってないところだったりをそれぞれ残しているものです。

 

20歳になったからといって、

みんながみんな日付が変わったそのとたん、いきなり大人になった訳ではないでしょう。

 

特に人間力のような、器磨きは学校で学ぶことは少なく、

どちらかというと周りの大人や環境に左右されるものが多々あります。

 

 

どんどん内面と外面にギャップが生じてきます。

 

どれだけ、どんなに年を重ねても

人によってはいつまでも少年のような、乙女のような

純粋なこころを持ち合わせています。

 

確かに見た目はどんどん年とともに変化していきますし、

たくさん痛い目にあったことで生きづらさを感じて頑なになってしまったり、

また、人によってはいつまでも若々しく人生を謳歌していたり、

それこそ、その人の在り方、生き方が人生のすべてに反映されていきます。

 

それぞれに個人差があって、年齢ではかれるものではなかったりするのです。

 

 

特に、日本は年齢に変なこだわりがあります。

 

日本は年齢に

非常にこだわりすぎるきらいがあるように思います。

 

たとえば、ある一定の年齢で区切られるようなことだったり、

年齢が上か下かで判断されるようなことだったり、

どう生きているかをみるのではなくて、

年齢や立場などによって、線引きしたがる傾向が強いように思います。

 

そして、その傾向は少しずつ時代の流れとともに

緩んできているように感じます。

 

その上で、その年代、年代をどう楽しんで生きていくかを

深く考える時代になっているように思います。

 

 

 

 

 

あなたの人生をよりよくする カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る