人生

人生詳細

意味のはき違え


18342443_1374554352631450_3616704390377956611_n

 

意味をはき違えると、同じことを言っていても

相手には別のことに伝わることがあります。

 

先日、アーユルヴェーダのセミナーに参加したときに 

アーユルヴェーダの知識ある先生が非常に矛盾したことを言いました。

 

食は地のものを食べたほうがいいので、

日本人のあなたがたは日本のものを食べたほうがいい、

また、同じ食べるにしても、

福岡に住んでいるのなら、福岡のものを食べなさいと。

 

これは身土不二の考え方で、

いただくなら、住んでいる土地で生産されたものを

いただいたほうが身体のためにいいというものです。

 

私自身もファスティングや食のセミナーをしていたときに

水を飲むなら、自分が住んでいる土地の水を飲みなさいと教えていたので、

同意できたのですが、

その先生が日本では生産されてないハーブのサプリメントをやたらすすめてきたのです。

 

日本で作られたものを食べなさいといいながら、

日本産でないハーブのサプリメントをすすめるので、非常に矛盾を感じたのですが、

その矛盾に対して、先生が言葉を足して説明してくれたことで納得しました。

 

 

アーユルヴェーダでは、ハーブは食ではなく、薬なのです。

 

そのため、ハーブは食と思っている私たちが聞くことで、矛盾が生じたのです。

 

アーユルヴェーダでは、ハーブは食ではなく薬であるため、

ここに身土不二の考え方は当てはまらないのです。

 

すすめられたハーブは身体を健康に保つため、予防医学として摂ったほうがいい薬で

しかも、これらハーブのサプリは西洋医学の薬とは異なり、

いいところだけを抽出して化学的に作られているものではないため

食と同じ、毎日摂っても大丈夫と聞いて、納得したのでした。

 

このように意味をはき違えたり、とらえ方ひとつで、

同じことを言っていても早合点して聞いてしまうと、

勘違いすることもあると感じたのでした。

 

 

言葉が足りないことで、誤解を産むこともあります。

 

わからないことや疑問に思ったことは何でもうやむやにせずに

きちんと聞き返すことが必要ですね。

 

わからないままにしていると、それはお互いにとって不幸になります。

 

そして、人によっては勝手に自分が間違えて解釈しておきながら、

あの人はわかってないなどとえらそうに、

相手の悪口を言ったりすることもあるのです。

 

意味のない論争はそういうちょっとしたはき違えから

起きてるものもあるかもしれません。

 

今回、私も危うくそう思い込んでしまうところでした。

 

 

 

 

身体・こころ・意識のバランスを整える 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る