人生

人生詳細

できない上司ほど部下を変えたがる


19554980_1426794887407396_4334466863754319073_n

 

自分の会社の部下やスタッフに対して

つい文句を言っていませんか?

 

文句をいっても何も状況は変わらないどころか

文句をいえばいうほど、また変えようとすればするほど

終わりなき問題の渦に巻き込まれていくだけです。

 

そして、周りに自分はダメ経営者だと言ってまわっているようなものです。

 

「過去と他人は変えられない」というように、

人を変えることは基本できません。

 

だから自分が変わればいいのです。

 

 

では、どのように変わればいいのでしょうか?

 

1、意識を変える

  いちばんかんたんにできて、いちばんたいせつなことは

  経営者やリーダーとしての意識です。

 

  人を引っ張っていく人たちが、間違えた方向に旗をふれば

  そこについてきている人たちはみな間違えた方向に進みます。

 

  よく経営者が目覚めて、理念を作成し、発表すると、

  そこから社内分裂が起きることがありますが、

  これはある意味踏み絵のようなモノで、

  覚悟を決め、意識が変わった経営者に対して、

  同じ志の人間が団結するために必要な儀式です。

 

 

2、組織・仕組みつくりを変えていく

  その上で、組織や仕組みつくりを変えていくのです。

 

  変えるというよりは、理念の下に

    組織や仕組みつくりを整えていくといったほうがいいかもしれません。

 

 

3、外部のチカラを活用する

  すべてを自社でまかなうことは難しいことがあります。

  なぜなら、専門分野は専門家に任せたほうが早くてうまくできるからです。

 

  組織や仕組みつくりを整えていく上で自社でできない場合は、

  外部のチカラをうまく活用したらよいのです。

 

  そうすることで、自社だけでなく、その周りの社会をもよりよくしていくことができます。

  それがある意味、自社でサービスを産み出し、循環させていくとともに、

  社会に貢献していくことのひとつにもなります。

  

 

常に思いありきです。

 

しかも、その思いは経営者の、リーダーの思いです。

 

会社の舵取りをどのようにするのか、どの方向に定めるのかを

その思いをしっかり持った上で、経営者としての意識を持つことです。

 

その確固たる思いがあってこそ、部下やスタッフがついてきます。

 

できないのは部下ではなく、上司である自分なのだというところに気づくことから

すべてが始まり、やっとスタート地点にたてるのかもしれません。 

 

そして、上司だけに限らず、

できない人ほど、人を変えたがるのです。

 

人を変えずに、自分の意識を変えて、自分の人生

また、自社や社会をよりよく創造していきましょう。

 

 

 

 

意識を整え、人生をよりよく創造する 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る