人生

人生詳細

死について思うこと


18739762_1393680070718878_8703441859614482909_n

 

死について考えたことがありますか?

 

どんなに殺されてもまた息を吹き返す

不老不死を演ずる人のこころを感じて思ったことがあります。

 

延々死なない、死ねないことは、ある意味不幸で辛いことなのかもしれないと。

 

それは、自分とともに成長し生きてきた仲間や家族がどんどん先に死んでいき、

自分だけが延々生き続け、死にたくても終わらせたくてもけして死ぬことがない、

つまり終わりがけしてないというのは、気が狂いそうになるくらい、

逆に悲しい、辛いものかもしれないと感じたのでした。

 

 

死により、人生は短くも充実してきます。

 

死というひとつの区切りがあるからこそ、限りがあるからこそ

人生は楽しいのかもしれません。

 

いえ、きっとだから人生は楽しいのでしょう。

 

そして、輪廻転生 魂はひとつでも、

また別の人格で、また別の身体で生まれ変わるから

いろんな人生模様をそれぞれの時代で生き、楽しむことができるのでしょう。

 

1回1回 記憶はなくても、

魂にはきちんとそれまでの、前世の経験は刻まれています。

 

 

自殺を考えたことのある人が言った言葉に真理がありました。

 

自殺をして今世を終わらせることはかんたんかもしれないけれど、

でも自分はしたくないと。

 

ここをもし抜け出したとしても、また同じような課題を持って生まれてくるのなら

逃げ出さず、今世自分が持って生まれた使命をしっかりまっとうしたいと。

 

ここから逃げることを考えずに、

今世生まれてきた命をめいっぱい使って、活かして、生かして、生きましょう。

 

そして、みんな泣いてこの世に産まれてきたけれど、

終わるときは満面の笑顔で、この世を去りましょう。

 

 

 

 

自分の使命に気づき 人生を大いに楽しむ 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る