人生

人生詳細

固定観念を消す方法


19029312_1404064049680480_1603359977704120197_n

 

いらない固定観念をいっぱい持って生きていませんか?

 

いらない固定観念をいっぱい持っていると、

それらが絡み合って、人生の中で生きづらさを感じたり、

ストレスを生じさせたりします。

 

だからといって、どうにか固定観念を打ち破ろうとしても

なかなか打ち破ることは容易ではありません。

 

最近、自らもカウンセリングにより整ってきた中で感じるのは、

固定観念を打ち破るよりも、

スキップしたり、真逆に考えてみることで

問題と思っていたことが実はかんたんに解けていくことがあります。

 

 

そこに執着するから、意識が張り付いて見えなくなります。

 

固定観念をどうにかしようともがくから、絡みついてくるのです。

 

であるならば、固定観念をどうにかするのではなくて、カットして

新しい考え方にシフトしたり、真逆のとらえ方をしてみることで

実は答えは案外シンプルでかんたんだったりします。

 

そこに執着することで、たとえば「パブロフの犬の条件反射」と同じで、

イメージをすると、身体に反応が出るように、

意識を向けると、それはけしてあなたの中から消え去ることはないのです。

 

レモンや梅干しをイメージしたら、口の中が酸っぱくなったり、

唾液が出る反応と同じなのです。

 

 

それよりも、新しい考え方にシフトしたり、

真逆のとらえ方をしてみることです。

 

たとえば、「引き寄せ」ととらえるのではなく、「引き起こし」ととらえてみる

「これまで」が「これから」を決めるととらえるのではなく、

「これから」が「これまで」を決めるととらえるのです。

 

これらはいずれも、いまほとんどの人が思っている固定観念を

逆にとらえることで、その固定観念を打破しなくても、かんたんに解消できます。

 

「引き起こしの法則」については著書である

「あなたの人生を幸せに導く!引き起こしの法則」を読んでみてください。

 

また、「これから」が「これまで」を決めるについては、

最近SNSで話題になっているこちらの理論物理学者の佐治晴夫氏のインタビュー

読んでみてください。

 

 

いま世の中で言われていることは真逆のことが多いのです。

 

私たちはいままで正しいと思いこんでいたものにより、

自分たちをみえない枠でずっと縛り続けていたのかもしれません。

 

真逆のとらえ方をすることで、

そこに気づけるようになるだけで、いろんな縛りや枠からきっと解放されていくでしょう。

 

そして、60兆の細胞のうち、約1%、つまり6千億が一晩のうちに入れ替わるのです。

ということは、寝ることによって、毎日生まれ変わるのです。

 

以前、ジェームス・スキナーの9ステップというセミナーを受けたときに

彼が言っていた言葉、人は寝る度に生まれ変わる!

本当にそれが理論物理学的にも実証されているのです。

 

Blue Riseの命想メソッドのカウンセリングが非常に有効なのは、

それを顕在的にほどくだけでなく、カウンセリングセッションを受けていただくだけで

潜在的にしっかり解消できるからなのだろうとあらためて思ったのでした。

 

 

 

 

潜在意識から整えて人生が好転していく 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る