人生

人生詳細

すごいヤツほど上手にブレる


20431380_1458385354248349_198667049137968607_n

 

「すごいヤツほど上手にブレる」

なるほどと思った本のタイトルでした。

 

先日、本屋でみつけた本「すごいヤツほど上手にブレる

優れたリーダーに共通する謙虚で驕らないリーダーシップ」をみて、

いつもカウンセリングでは、自分軸をしっかり持つように、ブレないようにと言ってますが、

確かにこれもありだなと思ったのでした。

 

なぜかというと、人はみな量子物理学でいうところの素粒子であり、

常にゆらぎの中で生きているからです。

 

ゆらぎの中にいるということは、常にゆらいでいるのが当たり前で、

止まったら、それは死を意味します。

言い方を変えると、常に私たちはブレているものなのです。

 

ならば、上手にブレたらいいだけのこと、

人によってはそう思うほうが楽かもしれません。

 

 

するな!と言われたら、したくなるのが人の常です。

 

ならば、思う存分してみる!思う存分していいと思うだけで、

今度はブレないということがどういうことかがわかってきます。

 

個人的には、いつも柳の樹を例えにして、

「幹はしっかり! 枝はゆらゆら風に揺れながら

うまくかわしながら生きましょう」と言っていますが、

上手にブレるということは、柳の樹とも微妙に違うかもしれません。

 

一度決めたことにこだわらないというのが、

また人からの説得やアドバイスを受け入れる柔軟性を

ブレるといってるだけなのですが、こうでなくてはいけないと

すべてにおいて頑に意見を曲げない姿勢が、実はいちばん厄介かもしれないのです。

 

 

間違えたと思ったら、いつでもやり直すことは可能です。

 

こうでなければいけないと頑に思うことで、その先の可能性を狭めてしまうのです。

 

上手にブレるということは、「自分の意見が間違っている可能性」を認め、

「説得やアドバイスを受け入れる心の柔軟さ」を持ち、「指摘を受けて計画を大幅に変更し」

「失敗にめげず、やり方を改める」ことを言うようです。(「すごいヤツほど上手にブレる」参照)

 

上手にブレながら、軌道修正しながら、

自分の目指す方向へと向かって生きていきましょう。

 

 

 

 

あなたの可能性を引き出す 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る