人生

人生詳細

できない経営者ほど会社がうまく廻る


21231601_1485664118187139_3817353909538931275_n

 

できない経営者って、どんなイメージがあるでしょうか?

 

できない経営者と言葉尻だけとらえると、

ほんとにできないダメ経営者ととらえてしまうかもしれませんが、

自社が行っている事業について、専門的なことができない経営者ほど

会社がうまく廻っていると感じることが多々あります。

 

なぜ、できない経営者ほど会社がうまく廻るかというと、

下記のようなサイクルが産み出されるからだと思います。

 

社員を信頼し任せる

    ⇩

社員がのびのびと働く

    ⇩

自主的な社員が育つ

 

経営者は、自分ができないことをわかっているので、

変に口を出さず、社員に全面的に仕事を任せることで、

社員の自主性を引き出し、そのため、社員はのびのびと働くことができて、

成果を出すことでさらに認められて、

それがやりがいになっているというよい流れができているのです。

 

 

技術的なことや専門的なことができないだけであって、

本当の意味でできないわけではないのです。

 

むしろ、自分ができない分野をはっきりわかっているからこそ、

人にお願いして、人のチカラを借りて、PDCAを回しているだけなのです。

 

自分にはできないと認める謙虚さ、偉ぶることなく、社員に感謝する姿勢

会社は自分の所有物、モノではなく、社員のモノであるということが

わかっているからこそ、社員が生き生きと働く環境ができ、会社がうまく廻っていくのだと思います。

 

できないことをできないといえる潔さ、

そして、できる社員に対しての感謝の気持ちを忘れない

実は、素晴らしい経営者だと思います。

 

 

特に、女性社員が多い会社においては

この傾向が非常に顕著にいい方向へ現れます。

 

なぜかというと、もともと女性はまじめで、

一度に複数のことができる能力に長けています。

そして、男性よりはコミュニケーション能力も高く、共感能力も優れています。

 

そして、ほとんどの女性は母性を持っています。

 

だから、できないのが、男性経営者の場合、

うまくこの母性をくすぐることができれば、

むしろ女性社員は喜んで男性経営者のチカラになって一生懸命働いてくれるのです。

 

そして、場合によっては他の男性社員をも巻き込んでいってくれます。

 

 

もちろんできる経営者でも、

うまく社員に仕事を譲渡していくことによって

同じように自主的な社員を育てていくことは可能です。

 

要は、できる、できないに関わらず、

社員を信頼し、仕事を譲渡し任せることができるかどうか

そして、社員の自主性を引き出すことができるかどうかが

会社がうまく廻るために必要なのでしょう。

 

 

 

 

自主性を引き出していく 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る