人生

人生詳細

手放すからこそ、未来は開ける


22195950_1514551185298432_1730438555081991281_n

 

いつまでも同じところに留まっていませんか?

 

『明けない夜はない』というように、

明けそうにないくらい、深く暗い夜の闇の時刻は明け方前だと言われています。

 

カウンセリングに来られるクライエントの中には

ずっと抜け出せないと、妄想に取り憑かれたかのように

いつまでもそこに居続けようとする人もいるのですが、

けして明けない夜はないのですから、自らつかんで放さないのではなく、

握りしめている手を放すだけでいいのです。

 

 

不安や寂しさを手放しましょう。

 

手を放したら、風船は空高くどこまでも飛んでいくように

あなたも大空に羽ばたくことができます。

 

糸が切れてどこに飛んでいくのか不安だったり、

いまいるところから離れるのが寂しいと思って未練を残していると、

大空に羽ばたくことはけしてできないでしょう。

 

大空に羽ばたくことを怖いととらえるのか、

はたまた、自由に羽ばたける、新しい旅立ちととらえるかで、人生は変わります。

 

いつまでもじっと握りしめて、そこに居続けずに

いっそのことすんなり手放してしまうのです。

 

きっとじっと離さずに握りしめているよりも

そのほうがずっと楽に自由になります。

 

 

成長したいなら、成功したいなら、思い切り手放すことです。

 

自由になりたいといいながらも

そこに居続けることを選んでいては、それ以上の成長も、成功もないのです。

 

いまのままがいい、ずっと変わらずにいたいなら、

そこに居続けたらいいでしょう。

 

しかしながら、カウンセリングを受けにきていただいたということは

きっと前にすすみたいはず! もっと幸せになりたいはず!

それなら、握りしめずに手放して、自由に楽に生きていきましょう。

 

羽ばたいた世界は、きっとあなたに新しい、いろんな世界をみせてくれることでしょう。

もしかしたら、時には大変と思うことも起きてくるかもしれません。

 

でも、その大変は、やったことのない未知との遭遇だったり、

自由という名の責任感だったり、楽しさや喜びを与えてくれる大変さでしょう。

 

つかんでる手を放すだけ、

人生はシンプルで、かつパワフルです。

 

 

 

人生を謳歌する 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る