人生

人生詳細

ゆとりがなくなると疲弊していく


24068346_1564092617010955_4095657777693209011_n

 

充実した有意義な毎日を送っていますか?

 

現実的にも精神的にも

ゆとりがなくなると、身体もこころも疲弊していきます。

 

これから、年末が近づくに従って、

一般的には慌ただしく忙しくなっていくのではないでしょうか?

 

先日、2週間くらい忙しくなったときに思ったのが、

忙しさにかまけて、自分の身体やこころがおざなりになっていく

感じたことでした。

 

忙しいから、つい食事の手抜きをする、

忙しいから、睡眠が削られる、

忙しいから、本当にしたいことが後回しになる、

忙しいから、疲れが溜まっていく、

そして、忙しくて思ったことができないから、フラストレーションが溜まっていく

 

ところがこの忙しさというのは、

フルタイム勤務で、朝から晩まで働いている

通常一般の人の生活で、けして特別ではないスケジュールだったのです。

 

 

日本人はやはり働きすぎです。

 

そして、それが当たり前になっています。

 

元気なのに動かず、じっとしてるのも辛いものがありますが、

それにしても日本人は働きすぎです。

 

たとえば、結婚していて、お子さんがいる女性で仕事を持っている人は

朝起きたら、まずは母親業に専念して、子供たちにお弁当を作ります。

 

そして、お弁当を持たせて、朝ご飯を食べさせてから、

自らも支度をして、仕事に出かけていきます。

 

フルタイムで働いている女性もいますが、

たいていは、パートやアルバイトとして入職し、

少し早めの夕方に上がり、その後お買い物をして、

晩ご飯の準備をして、家事一般が終わってから、

子供たちの宿題や勉強を手伝ったり、子供やご主人の相手をしたり、

その後やっと自分の時間になります。

 

といっても、ホッと息つく間もなく、寝たらすぐ朝がやってくる、

この繰り返しばかりです。

 

 

同じことを毎日し続けることは、並大抵のモノではない

 

毎日続けていることが、素晴らしいことだと思うくらいです。

 

しかし、そのくらい忙しくて時間に追われるような毎日を送っていると、

ゆとりをもつことがなく、身体もこころも疲弊していきます。

 

マネできないからこその素晴らしさですが、

毎日ひたすら単調で変化ない生活を送っている人を

むしろすごいと尊敬しながらも、では自分がするか、できるかというと、

上記の理由でしたくないし、できないだろうなと思うのです。

 

しかし、マネできないからこそ、

愚直にがんばる姿を、素晴らしいと感じるのでした。

 

 

 

 

自分に対して正直であり続ける 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る