人生

人生詳細

守るべきものがあるから人は強くなる


24852158_1575560209197529_6484339111275591474_n

 

人は人に対して何か思いをもつと、

強くなれるのかもしれません。

 

自分ひとりがよくなるというよりも

誰かを幸せにすることが自分の幸せであるというところに立つことができるから、

それがその人にとって、いちばんの幸せになるのかもしれません。

 

たとえば、子供を産んで母になると、一般的には

一生懸命 命をかけてでもその子を守ろうとします。

 

また、男性も結婚して、守るべきもの 家族ができると、

どんどんそれをエネルギーにして、強くたくましくなっていきます。

 

自分のためにすることは、それほどチカラが出ないことでも、

人のためを思ってすることは、ものすごいエネルギーが出るものです。

 

そして、それはもちろんたったひとりでもいいのですが、

よりたくさんの人を守ろうと、幸せにしようとすればするほど

より大きなエネルギーになっていきます。

 

 

たくさんの人に与えるエネルギーが

幸せに比例します。

 

たったひとりに対してでも出すエネルギーはすごいものです。

だからこそ、それが増えれば増えるだけ、より大きなエネルギーになっていきます。

 

そして、それを支えるのは、初めは自分ひとりでも

いつしか気づけば、周りの人たちを巻き込んで

より多くの人たちからの応援をいただけるようになります。

 

経営者は、自分の家族はもちろんのこと、

勤めている社員やその家族の生活までも守っているから

大きく稼ぐことができるし、また社会に貢献できるのだと思います。

 

もちろん、中には自分の私腹を肥やすために、

社員を使っている経営者も少なからずいるかもしれません。

そういうところはいつしか破綻するものです。

 

しかし、理念やミッションをしっかりたてている経営者の大半は

たくさんの人を幸せにする素晴らしいチカラを持っています。

 

 

自分のためだけの我欲と、人を思っての我欲

同じ我欲でも違うものです。

 

できれば我欲ではなく、より高い意欲となって動きだせば、

よい循環がめぐってきます。

 

自分のためにすることには、チカラが出ない人でも、

人のためなら、チカラが自然と湧き出てくる人もいます。

 

もし、自分のためにチカラが出てこないなら、

誰か守る人、守るものを決めるといいでしょう。

 

人のためにすることが、自分の幸せになるのなら、

最終的には自分のためにすることになります。

 

そうすれば、あなたの中から

きっとものすごい、いままで出したこともないエネルギーが

溢れて出てくることでしょう。

 

 

 

大きく愛を循環させていく 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る