人生

人生詳細

幸せの主人公にする


26814654_1609556795797870_462779135458879047_n

 

自分を幸せの主人公にしていますか?

 

不幸をしょっている人は、必ずといっていいほど

自分を不幸の主人公にして楽しんでいます。

 

心配ごとや不安や不満を常に抱えて、

そこからけして目を離そうとはしません。

 

いまある幸せに目を向けずに

まだ見ぬ不幸に目を向けて、勝手に憂いているだけです。

 

不幸に目を向けていれば、

潜在意識がどんどん素の状態にクリアーになったとしても

けして幸せにはなれないし、幸せはやってはこないでしょう。

 

 

ほんの少しの幸せに目を向けていきましょう。

 

目の前にある幸せに目を向けることです。

 

ほんのちょっとの幸せに感謝し、こころから喜ぶことができたら、

どんどん幸せの渦に自ら巻き込まれていくことでしょう。

 

いいことも悪いこともすべて自分が創り出している現象だとするならば

幸せな方向に自分の身を置くようにすることが得策だということが

わかるでしょう。

 

もちろん、いつも言ってるように、もしあなたの中に

自らを不幸にする現象を起こしてしまう原因があれば、

いくら幸せに生きたいと願って、幸せをつかもうとしても

現象的には幸せよりも不幸に感じるモノが多くやってくるかもしれません。

 

でも、それすらも自分が不幸と思わなければ

けして不幸な状態ではないのです。

 

 

幸せも不幸もすべて、自ら創り出しています。

 

幸せになりたいのなら、幸せの方向を向き、

そして、自らの中にある不幸を産み出す芽に気づくこと、

そして、その芽を早めに摘み取って、原因解消してしまうことです。

 

そうすれば、あなたの幸せ感度はどんどん上がっていくでしょう。

 

幸せは自らが創り出す

自らを幸せにするために、幸せの方向を向いて、生きていきましょう。

 

 

 

 

幸せの主人公にする 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る