人生

人生詳細

感情に左右されないこと


26238860_1612623588824524_8084428951376295467_n

 

感情に左右されないことは非常にたいせつです。

 

喜怒哀楽の感情が豊かであることは

非常に素晴らしいことなのですが、

ともすると、その感情に左右されて人は分別がつかなくなることがあります。

 

その感情をはけ口にして、文句だけいい、

何を希望しているのか、要望しているのかがまるっきりわからないと

対応に時間がかかるだけでなく、怒りを鎮めるだけのクレーム対応になって

本来の希望を叶えることができないということが起きてきます。

 

 

感情に揺れ動かされている思いさえ解消できれば

その感情が引き起こしている問題はいとも簡単になくなることがあります。

 

ところが、クレームで感情的になっているお客様の場合、

どうしてほしいのかという要望の前に、自分の感情をはけ口にしてわめき散らすだけだと

何をどう対処したらいいのかわからず、クレーム対応に時間がかかります。

 

感情で訴えるのではなく、理路整然とどういう要望なのかということを

話すほうが問題の解決が早いのです。

 

ところが、人生うまくいってない人は

自分の感情に左右され、相手にも自分の感情をわかってほしいがために

文句を言うのです。

 

 

希望を叶えたいなら、感情的にならないことです。

 

しかし、どんなに文句を言っても

感情的に話すと、論点がずれるため、

相手に思いは伝わらないばかりか、何がしたいのかという要望ですら

きちんと伝えることはできなくなります。

 

そして、もしかすると、感情に左右される人は

きちんと伝えることができないからこそ、

イライラしたり、相手に八つ当たりしたりするのかもしれません。

 

そのため、人によっては感情を汲み取るだけで、

クレームの怒りをおさめることができることもあります。

 

ただし、クレームの怒りをしずめたからといって、

本来の願いを叶えることができるかどうかはまた別の問題です。

 

 

早く自分の思いを伝え、現実にしたいなら、

感情ではなく、現実(事実)を伝えることです。

 

そのためにも、感情的にならないこと、

事実をしっかりとらえ、伝えることです。

 

もちろん、問題解消よりも、自分の感情を汲み取ってほしいというのが

要望であれば、感情的に訴えかけるのもいいでしょう。

 

ただし、感情に訴えるよりも、確実に冷静に対応するほうが

早く現実の問題解消ができることでしょう。

 

 

 

 

感情に左右されない 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る