人生

人生詳細

簡単なことを難しくしてしまう思考


28377962_1657938310959718_2789229277202405659_n

 

簡単なことを難しくしていませんか?

 

よくビジネスにおいて、報告の際、結論から言うようにと言われますが、

実生活においてもこのようなことがよく起こります。

 

結論だけ言うと簡単なのに、先に、そうなった経緯を話したり、

間違えないようにと注釈をつけてしまうがために

非常に簡単なことが難しくなってしまったり、難しいと感じてしまったりします。

 

たとえば、契約書のような文言を得意とする人は少ないように、

わかりづらい言葉で書いてあると、それを解読するほうに時間を有して、

非常に簡単な内容なのに、そこにたどり着くまでが困難だったりします。

 

 

相手に伝わりやすく、わかりやすくするためには、

ビジネスルールと同じように、先に結論から言うことです。

 

〜してほしいなど、ストレートに結論から言えば

できるか、できないかのシンプルな答えだけで、時間も短縮されます。

 

ところが、どうしてもしてほしいがために、どうしても相手にさせたいために

先にこんな理由で、とか、断られないための言葉を選んだり、策を練るから

逆に何を言いたいのか、何を必要としているのかがわからなくなったりします。

 

日本語の長い文章にありがちな、どこに形容詞がかかっているのかが

わからない、それによって勘違いするということも起きます。

 

 

口や文章で長々と説明しても

逆にわからなくなってしまうものです。

 

その場合は、図で表したり、フォローチャートにしたり、

箇条書きにすることも有効です。

 

または、これだよと指し示すことで簡単にわからせることができます。

 

どうしたら、相手に簡単にわかりやすく伝えることができるか

考えたら、きっと回りくどく、難しくならないはずです。

 

思考回路も同じで、簡単明快にしておけば、難しく考えなくてよくなり、

時間短縮ができ、仕事もはかどります。

 

いかに効率よく仕事できるかは、簡単なことは簡単なままで

難しくしないことです。

 

そうすれば、不要な仕事や不要な確認はなくなり、

もっとスムーズにスピーディに仕事をすることができるでしょう。

 

 

 

思考回路を簡単にする 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る