人生

人生詳細

親切の押しつけ


31120692_1716224155131133_3142770962261344256_n

 

親切も度をすぎると、押しつけになります。

 

すべてにおいて、過ぎたるは及ばざるがごとしで

何でも量や頻度が多ければいいというものではありません。

 

ちょうどよい量というものがあるため、

そのよい加減で、ちょっと気の効いたことをするのがいちばん効果的で

自分にとっても、相手にとっても負担がなくいい状態でいられます。

 

よくあることに、自分がいいと思ったことや物をプレゼントして、

相手がそれを使ってくれない、聞いてくれない、ほったらかしにしていると嘆く人がいますが、

何事においても、相手がそれを望まない限りはたんなる押しつけでしかありません。

 

そして、押しつけておきながら、

相手が受け入れてくれないと悲しむばかりか、

中には逆恨みする人もいます。

 

 

したいと思ってしたことなら、相手がどう思おうと

したことに満足すればいいのです。

 

相手がどうした、こうしたと自分のしたことに対して、

相手の反応を後追いするのではなく、したことすらも忘れてしまうほど

自分がいいと思ったからしたんだというところで満足していればいいのです。

 

そうしないと、相手のためにしたことが本末転倒になってしまいます。

 

相手が喜ぶ顔がみたくて、純粋にしたからこそ、

相手が喜んでくれないと悲しい、悔しい、せつないと思うのかもしれませんが、

本当に相手の喜ぶ顔がみたいのなら、本当に相手が願っていることをすることです。

 

そうすれば、相手からは感謝され、

自分も相手のお役にたてたことに喜びを感じることができるでしょう。

 

 

相手の願いをきちんと汲み取ることです。

 

もし、相手から感謝されて喜んでほしいなら、

相手が何を願っているのかを汲み取り、相手が願う行動をすることです。

 

けして大きなことでなくても、また実際に何もしなくても

自分のことを本当に思ってくれているということが伝われば嬉しいものです。

 

そして、自分がしたくてしたことなら、それに対して見返りを求めないことです。

 

この場合の見返りとは、

相手から喜ばれる、感謝されるということになります。

しかし、自分がしたことに満足していれば、幸せでいられます。

 

もししたことに対して、相手が重たく感じたり、迷惑に思ったりするならば、

それはたんなる親切の押し売りでしかないかもしれません。

 

相手に思いを寄せていれば、

重い槍なのか、本当の思いあっての思いやりなのか

相手に通じるものです。

 

そして、相手の思いをきちんと汲み取れたら、そのときどきによって、

バランスよく相手を思いやることができるようになるでしょう。

 

 

 

共に喜び感謝する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る