人生

人生詳細

喜怒哀楽をハッキリと


37579451_1834965589923655_3933317739573149696_n

 

大人になるにつれて、喜怒哀楽がなくなって

無表情になっていることはありませんか?

 

確かに仕事においては、冷静に対応していくことが

必要になってきます。

 

また、大人になるにつれて、大人な対応を求められるがために、

喜怒哀楽を表に出さなくなることが多くなっていくことでしょう。

 

そのために、喜怒哀楽や表情自体が乏しくなっていきます。

 

また、職種によっては、人相手ではなく、機械相手だと、

どうしても無表情になってくることがあるでしょう。

 

 

真顔ほど怖いものはありません。

 

それは何を考えているかわからないということ以上に、

表情が動かないということは、

感情さえも動いていないということになるからです。

 

もちろん感情に振り回されると、いい方向に現実が動くことはありませんが、

感情をうまく表現できると、人生は非常に豊かになっていきます。

 

特に、年をとるにつれて、冷静とは違って変に冷めてしまって、

笑顔がない、またあまりに普段、感情を押し殺してしまっているために、

一気に爆発させるという人も多いものです。

 

そうならないように、日々の生活の中で、

きちんと喜怒哀楽を表情豊かに表現していくことです。

 

 

特に素敵な笑顔をこころがけましょう。

 

素敵な笑顔とは、作り笑顔ではなく、

子供のころと変わらない、少年・少女のような笑顔です。

 

大人になっても、こころはいつまでも可愛い少年・少女のままです。

 

変に理屈をこね回し、変に大人のフリをせずに、

そのまま純粋さを忘れずに、喜怒哀楽豊かに過ごすことこそ、

幸せに、人生を豊かにしていくことができるでしょう。

 

そして、その純粋な笑顔は、周りの人さえも

幸せに、そうなりたいと思わせるチカラをもつことでしょう。

 

 

 

表情豊かに人生豊かに生きていく 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る