人生

人生詳細

目は口ほどにモノを言う


43376053_1945124802241066_5173547532646612992_n

 

どんなに口でいいことを言っても

目や表情、態度に本当の思いは出るものです。

 

そのため、どんなにいいことを言っても、

相手には口で言う以外の情報が伝わります。

 

これは、メラビアンの法則と言われる

コミュニケーションの三要素からもわかるでしょう。

 

コミュニケーションにおいて、伝わるのは

話の内容などの言語情報が7%、口調や話すスピードなどの聴覚情報が38%

そして、見た目やボディランゲージなど視覚における情報が55%の割合を占めるからです。

 

そのため、どんなに素晴らしい言葉を並びたてても、

視覚から入ってくる情報が異なると、違和感を感じます。

 

つまり、本当にそう思っていないのに、口先だけで表現しても

確実に相手にそう思っていないということが

視覚から入ってくる情報で伝わってしまうのです。

 

 

本当に思ってもいないことを言うと

空々しくさえ聴こえるものです。

 

それなら、何も言わないほうがいいでしょう。

 

言うことで、マイナスのイメージを

相手に与えてしまうことになりかねません。

 

そんなときは、笑顔で微笑みましょう。

 

もちろん、目は口ほどにモノを言うので、

目が笑ってなくてというのは、怖いものです。

 

満面の笑顔でなくていいので、

目から笑って微笑みましょう。

 

きっと、相手にとっても、自分にとっても

優しい時間が流れていくことでしょう。

 

 

 

願う人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る