人生

人生詳細

一流を知ること


45011639_1973992219354324_4653217918388011008_n

 

一流を知るためには、

一流に触れるだけでは片手落ちです。

 

なぜかというと、一流をみて、一流だと感じるためには

やはりそれがどういうものかを知らなければ、

一流とは感じられない、わからないからです。

 

そのために、比較対象となるものや

ジャンルこそ違えど、いろんなものに触れることが必要になります。

 

いろんなものに触れるから

それが他とは違う、一流であると感じられるのです。

 

 

その上で、一流かどうかは

みたらわかるようになります。

 

そして、どんなに周りが一流だと言ったとしても、

一流でない人はいっぱいいるものです。

 

一流になるための条件としては、

やはり天性のものがあるかどうかもひとつの指標になりますが、

それ以上にたいせつなのは、どれだけその道を極めているかです。

 

時間ももちろん比例しますが、それ以上に

どれだけそれに向き合い、それを深めているかがたいせつなのです。

 

 

深めるためには、日々継続することです。

 

継続こそ、チカラです。

 

どんなに才能があったとしても、

続けることで、深めることで、確実に奥行きが出てきます。

 

どんなに上手であったとしても、

どれだけそれを突き詰めたのか

思いや気持ちがそこにのってないと、

人のこころを動かすことはできないでしょう。

 

深めて、極めていく中で、

より感覚が磨かれ、人のこころの琴線に触れることができるのです。

 

 

誰よりも深めること、極めることです。

 

好きこそ、ものの上手なれという言葉のように、

好きだからこそ、それを繰り返し延々やっても飽きないし、

好きだからこそ、極めることができます。

 

何かひとつでも極めることで、

世の一流と言われるものがわかるようになります。

 

そして、自分自身も何かひとつ極めることで

一流に少しずつ近づくことができるのです。

 

深めて、極めて、自分自身の人生をよりよいものへと

シフトチェンジしていきましょう。

 

 

 

願う人生を引き起こす 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る