人生

人生詳細

不要な観念は捨てること


50861985_2113620852058126_316232729697976320_n

 

生きていく中で、人はいろんな観念、思いを

自分の中に植え付けていきます。

 

その観念や思いが

自分の人生を大きく変えているとは思わずに、

いともかんたんに日常生活の中で取り入れていきます。

 

親や友達など周りの人たちによって、

またニュースなどの外部の情報をみたりきいたりすることで、

自然と自分の中に入ってくるからです。

 

良くも悪くも、観念、思い次第で

人生を変えることは可能なのに、

むしろ、自分にいらない観念、思いを持つがために

人生が立ち行かなくなることを知らずに、

平気で、いらないものまで取り込んでいくのです。

 

 

いま持っている、また浮かんでくる

不要な観念、思いは捨てることです。

 

特に、自分を不幸にすると思われる観念、思いは

持たないことです。

 

それらの観念、思いを持つことで握りしめることで、

確実にいつかそれが現実になっていくからです。

 

また、無意識にふと思って浮きあがってきた観念、思いほど

現実になってしまうことがあります。

 

たとえば、イヤな予感がしたら、

そのイヤな予感は現実になることがあるでしょう。

 

恐らくそういう経験したことのある人は

多いのではないでしょうか。

 

 

イヤな予感がしたときに、

しっかりそのイヤな思いをはずして捨てておくことです。

 

イヤと感じたときに、そのまま放置せずに、

自分のそのイヤと感じた思いの奥にある

イヤの原因をはずしておくことです。

 

そうすれば、そのイヤと感じたものが引き起こす結果は、

確実になくなります。

 

とはいえ、冷静にそのイヤの原因をみてはずすことは

難しいかもしれません。

 

なぜかというと、自分を客観視することは

その渦の中にハマっていれば、なかなか気づけないからです。

 

しかし、そのイヤの原因をきちんとみて、それがはずれてなくなると、

そのイヤと感じたものを結果として引き起こすことはなくなるのです。

 

 

楽しく幸せでいたいなら、

その方向へ意識を向けることです。

 

不要な観念、思いをつかむのではなく、

逆に幸せな考え、思いをつかんで生きることです。

 

そうすれば、何があっても大丈夫!

すべては必然と腹をくくることができ、

人生はよりおもしろおかしく、楽しくなっていくでしょう。

 

 

 

よりよい人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る