人生

人生詳細

幸せと不幸せの境目 NEW


53786396_2171918079561736_636184591836643328_n

 

同じように生きていても

人生は紙一重です。

 

通常は、日々穏やかに生活していれば

恐らく、不満や不足を感じることなく

それこそ、緩やかに時は流れていくでしょう。

 

イライラ、何かに駆り立てられるように生活していれば、

ゆとりなく、顔に疲れや不満がにじみ出てくるでしょう。

 

どれだけ、自分のこころを平常に穏やかに保っていられるかによって

幸せか、不幸せかのわかれ道になります。

 

 

しかし、平常で穏やかでなければ、

不幸せかというと、けしてそうではありません。

 

むしろ、何かに対する不満や不足があるからこそ、

それが克服への情熱となり、エネルギーとなっていることが

多々あります。

 

ハングリー精神といったらいいかもしれません。

 

克服しようとがんばるから

前に進むことができ、自分の人生をどうにかして

よくしようというチカラとなるのです。

 

とはいえ、歯を食いしばって遮二無二にがんばっても

当の本人は苦しいという感情に苛まされているかもしれません。

 

 

どう感じるかで、幸不幸は決まります。

 

もしかしたら、何不足なく穏やかに暮らしていても、

変化のない生活をおもしろくないと思っていたら

きっと幸せではないでしょう。

 

足元にある幸せに目を向けずに

人がパワフルに活躍しているのをみて、

うらやましがったり、コンプレックスを抱いていれば

幸せではないのです。

 

 

幸せか不幸せかは、当の本人がどのように感じ、

どのように思っているかに尽きます。

 

自分の命を幸せ方向に持っていくのか、

それとも不幸せな方向に持っていくのかは

すべてあなたのこころ次第です。

 

自分の命をどう運ぶのか、

すべてはあなたの命の運び方次第

幸せになりたいのなら、ただ 

いま目の前にある幸せを感じるだけです。

 

 

 

幸せを感じる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る