人生

人生詳細

自分の意見を言わない人たち


56764529_2209972662422944_3005185245461872640_n

 

自分の意見を言わない人、言えない人が

非常に多いように思います。

 

なぜかというと、意見を言う前に、

自分の意見が正しいかどうかを気にしてしまうからです。

 

また、自分の意見すら持ってない人も多くいます。

 

そして、持っていたとしても、

意見を積極的に言うことを嫌うのは

自分をしっかり持ってないからです。

 

また、中には反論すると嫌がられる、嫌われると思っていたり、

意見することが恥ずかしいと思っているからです。

 

 

恥ずかしがらずに、嫌がらずに

積極的に自分の意見は言いましょう。

 

協調して和を尊ぶことは非常にいいことですが、

和と尊ぶことと、互いが理解しあうために意見すること、

互いの意見をぶつけて切磋琢磨することとは違います。

 

討論したり、議論したりすると、

自分の考えを否定された気になったり、

また、他の声が大きい人の意見にのみ込まれたり、

周りを気にしすぎて、どんどん自信がなくなっていく人もいます。

 

しかし、それこそが勘違いなのです。

  

 

自分とは異なる考え方、感じ方を知るために行う

たいせつなコミュニケーションツールのひとつです。

 

意見することは、けして相手と闘ったり、言い負かしたり

自分の意見を押しとおし、

自分の意のままに動かすことではありません。

 

むしろ、よりよい人生を創造するために

いろんな人のいろんな意見を聞くことで、

さらにの世界を創り出していくことができます。

 

そして、自分はもちろん、人の意見を認め合い

互いが相手のことを知るよい機会になるのです。

 

意見することを怖がらずに、

互いを認め、尊重し合いましょう。

 

そうすれば、互いの理解が深まり、

違う意見を認めることで、人としての器も磨かれていくでしょう。

 

 

 

互いに認め合う 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る