人生

人生詳細

表面に惑わされない


57209100_2223066531113557_7042095629119520768_n

 

目でみえるもの、口で言ったことだけを信じていると

本当は違っていたということがあります。

 

どうしてもわかりやすいために

人は目でみた情報をかなりの割合でキャッチして

そう思い込んでいることがあります。

 

コミュニケーションのタイプに

バーバル(言語)とノンバーバル(非言語)がありますが、

その中で、見た目、身だしなみ、しぐさ、表情、視線などの視覚情報は55%、

声の質、大きさ、早さ、テンポなどの聴覚情報が38%

そして、話す言語そのものの意味は7%と言われています。

 

 

見た目など視覚情報が占める割合は

圧倒的に大きいのです。

 

コミュニケーションにおいては、

全体の約半分以上が見た目などの視覚情報で

相手の印象を推し測っていることがわかります。

 

そして、口で言ったこと、つまり言語からの情報は

わずか7%ですが、視覚情報と合わせると、6割以上を占めます。

 

そのため、見た目や口で言っていることを間に受けていると、

人はその6割に惑わされてしまうこともあるのです。

 

 

聴覚からの情報が実は重要であるのは

目にみえない部分を占めているからです。

 

とはいえ、聴覚からの情報もすべて本心が表れるかというと

そうではなく、創られるものもあります。

 

たとえば、訓練された人であれば、

声の抑揚により、相手にそう思わせてしまうことはかんたんでしょう。

 

そして、逆に一瞬の表情に隠された本心が表れることもあります。

 

しかし、目にみえるものだけを信じていると、

本当は違っていたということもありえるのです。

 

 

目にみえないものも

しっかり感じとることは非常に重要です。

 

五感はもちろんのこと、

第六感が常に働く状態に磨きをかけておくことが必要でしょう。

 

危ないものには近寄らず、

逆に、自分にとって必要なものをキャッチできるチカラこそ

いつの時代にも必要とされるでしょう。

 

 

 

感じて生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る