人生

人生詳細

指摘する人の特徴


IMG_4289

 

世の中には、非常に細かいところまで

指摘する人がいます。

 

そういう場合、通常よいことに対してではなく、

どちらかというと、悪いことやできてないことに対しての場合が大半です。

 

そして、よいことに対してではなく、

悪いことやできてないことに対して目がいく人というのは

自分自身ができてないことが多々あります。

 

自分ができてないから、

人のアラが目につき、指摘したくなるのです。

 

できていれば、指摘ではなく、

こうしたらできるようになるよのアドバイスに変わります。

 

相手に対して寛容になれるかどうかの違いなのですが、

自分ができてない場合は、相手に対しても厳しく

接してしまい、指摘してしまうのです。

 

 

自分ができてないから、目につきます。

 

自分ができていれば、むしろ気にならなくなります。

気になるどころか、相手に対して暖かい目でみることができます。

 

特に、以前できなくて、

何かのきっかけをつかんでできるようになった場合は

なぜ相手ができないか、どこで詰まっているかが理解できるため、

指摘せずに、どうしたらできるようになるかのアドバイスになります。

 

同じところに目がいっても、

できてないところを責めるような言い方ではなく、

どうしたらできるかという方向に目線がいくといったら

わかりやすいかもしれません。

 

 

相手を指摘したくなる衝動にかられた場合は、

まず自分をみつめてみましょう。

 

そして、相手を責めるのではなく、

自分の中にある、相手を責めたくなる原因を

しっかりみていきましょう。

 

そうすれば、相手を指摘して責めることなく

自分の中のできないところに気づくことができ、

改善していけるはずです。

 

人に対してどうこう言う前に

まずは自分を整えて、人間関係をスムーズに

お互いを尊重しあって生きていきましょう。 

 

 

 

人間関係をスムーズにする 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る