人生

人生詳細

数値はひとつの指標


IMG_4248

 

モノの価値を判断するときに

数値で表すことでひとつの判断基準になります。

 

しかし、その数値は参考にはなるかもしれませんが

絶対かというと、けしてそうではありません。

 

たとえば、料理やお酒の価格は、

高いから美味しいかというと

けしてそうではないこともあります。

 

値段が高いモノのほうが価値が高い、よいものと思われていて、

平均的には美味しいと思われているけれど、

価格が高いということは、美味しいの絶対条件ではないということです。

 

 

頭の善し悪しも、同じです。

 

テストの点がよかったり、

偏差値が高い学校に入ったからといって、

本当に頭がいいかというと、別問題です。

 

ただ、勉強ができるだけだったり、

要領がいいだけでも、よい点をとることは可能です。

 

また、給料が高ければ、立派な仕事で、

かつ、仕事ができるかといえば、けしてそうではありません。

 

給料が安くても、どんな内容であっても

働くことは尊いことです。

 

 

数値はひとつの指標にはなりますが、

価値の絶対的判断にはなりません。

 

しかし、つい人はその数値に惑わされてしまうことがあります。

 

高いからいいと思い込んでいると、

そうでないこともあります。

 

参考にしても、きちんとみて判断できるよう

本質をみる目を持ちましょう。

 

そうすることで、人生はより豊かになり

あなたを楽しく幸せな方向へと誘ってくれることでしょう。

 

 

 

本質をみる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る