人生

人生詳細

シンプルに生きるためには、理由をつけないこと


IMG_4860

 

もしあなたがシンプルに生きたいと思うのならば

いろんな理由をつけないことです。

 

理由をつけることで、逆につじつま合わせが必要になったり、

そこに時間をとられたりします。

 

たとえば、何かをするときに

人はたいそうな理由をつけようとします。

 

大義名分といったらいいかもしれません。

 

したいからする、好きだからするでいいのに、

何かしら理由をつけて正当化して

周りから認められようとします。

 

そのための理由探しをして、

本来のしたいという思いがだんだん重たくなって

動けなくなってしまうこともあります。

 

 

世の中でおもしろい視点で物事をとらえている人たちは

みんなシンプル思考です。

 

なぜしたのですか?といった質問に対して、

ほとんどの人がたいした理由をもってないことが多々あります。

 

したかったからとか、なんとなくよさそうだったから

つまり、したいに理由なんかないのです。

 

したいからしたのです。

 

そして、シンプルにこうなったらいいなで

行動しているだけなのです。

 

そのため、その行動もシンプルです。

 

いちいち理由をつけないために

シンプルにならざるを得ないのです。

 

 

同様に、したくないことに対しても

しないというシンプルな選択をします。

 

しないことによって、もし不利益なことが起きたとしても

しなかったからでシンプルに終わらせてしまいます。

 

つまり、自分にとって心地よい選択しかしないし、

その責任はきちんと自分の責任だと腹をくくっています。

 

自分の責任だと腹をくくることがたいせつなのですが、

腹をくくっているから、何が起きても大丈夫で、

前に進んでいけるのです。

 

それは特異な一部の人だけだろうと思うかもしれません。

そんなことはありません。

 

 

やろうと思えば、誰だってできます。

 

ただ理由をつけてしないだけです。

自分で責任をとりたくないだけです。

腹をくくるだけの勇気がないだけです。

 

だから、いつまでたってもシンプルに生きることはできないし、

いつまでたっても、人生は好転しません。

 

理由なんかどうでもいいのです。

 

あなたのしたいという情動が

あなたの人生を力強く突き動かしていくだけです。

 

 

 

シンプルな人生を生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る