人生

人生詳細

本音で生きると楽になる


IMG_4939

 

自分の本音や弱音を言える相手がいるかいないかで

人生は数段楽になります。

 

とはいえ、毎日のように

愚痴を言って生きるということではありません。

 

本音や弱音を言えるということは、

かっこ悪いと思えることであっても

自分のすべてをさらけ出すことができるからです。、

 

またどんな自分を出しても大丈夫という

大きな安心感を得ることができます。

 

そのために、ただそばにいてくれるだけで、

その人の存在だけで、気持ちが楽になります。

 

まさしく、何が起きても大丈夫なほどの

安心と信頼を感じることができます。

 

 

また、人はツラいこと、苦しいことであればなおさら

誰かに聞いてもらって、気持ちを吐き出すことで楽になります。

 

誰にも何も言えないことほどツラいものはありません。

 

誰にも何も言えなくて、悲しみや苦しみを抱えていると

その悲しみや苦しみで押しつぶされてしまうこともあります。

 

そして、ときに本当のことを言えないばかりに誤解されたり、

言わずにいることで、わかってもらえないばかりか

それ以上親しくなることはないでしょう。

 

 

親しくしていても、本音で話すことができなければ、

それ以上関係は深くなることはないからです。

 

そして、少しは自己開示しないと、

本当の思いをわかってもらうことはないでしょう。

 

周りがすべて敵だったとしても

たったひとりでも常に何があっても味方でいてくれる、

気を許して話すことができる相手がいることで人生は変わります。

 

そして、ひとりでもそういう人がいてくれるだけで

支えとなってくれるのです。

 

たったひとりでも、何でも話せる相手がいるということは

非常に心強いのです。

 

そして、これがひとりではなく、

誰に対してでも包み隠さず、本音で生きていられるようになったら、

裏表がなくなり、さらに人生は生きやすく

楽になっていくことでしょう。

 

 

 

本音で生きる 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る