人生

人生詳細

環境で影響を受けること


IMG_4988

 

自分が生まれ育った環境を客観的に観ると

どのような思想や信条が生きている中で形成されたのかがわかります。

 

その生まれた環境で、影響を与えているのは

それまでに経験してきたことです。

 

両親の思考や性格、また兄弟姉妹、友人との人間関係、

そして、それらの人間関係の中で経験してきたことから

自分の中でつかんだ思想や信条、そして観念が形成されていきます。

 

いちばん、影響を与えるのは、なんといっても

やはり両親の存在でしょう。

 

 

どのような両親のもと、どのような環境で育ったかで

本来もっている個性がどのように花開いていくかが変わります。

 

両親が良くても悪くても、

その両親の元に生まれ、その両親の影響を受け

育つことで両親から学ぶことがあります。

 

いい悪いではなく、どんな両親だったか、

その両親から学んだことで、自分の信念、観念がカタチ作られていくのです。

 

判断しようとすれば、いい、悪いになります。

 

しかし、いい、悪いではなく、

それ以前に、自分自身がその環境のもと

どのようないい、悪いの判断を下しているのか、

また、いい悪いの影響を受けているのかが、重要です。

 

 

いいか、悪いかの二極化で物事を見ないことです。

 

いいも悪いも環境から影響を受けていることが

大多数です。

 

いい、悪いで判断するから間違えます。

 

いい、悪いではなく、そういう観念を自分が持っていることを

正していくことがたいせつです。

 

そして、正したら、そこに執着しないことです。

 

 

いつまでも、そこに立ち止まったままで、

いい、悪いを握りしめて生きないことがたいせつになります。

 

よい、悪いの二元の世界で生きることを捨てていくと、

楽に人生を生きていけるようになります。 

 

環境で詠唱を受けていることは仕方ないことです。

 

自分が願ってそうしたのではないと思いたいかもしれませんが、

魂からみたら、自分がそう願っているから、

それを克服して、体験してみたいから、そうしているだけです。

 

そこに気づけるかどうかで人生は楽になっていきます。

 

 

魂は両親という環境を選んで生まれてきてます。

 

その影響を受けることを知れば、

きっといい意味での諦めがつき、

物事をさらに明らかにしていくことも可能でしょう。

 

自分の魂が願って生まれた環境に感謝して、

自分が今度どのような人生を歩んでいくのか、覚悟して、

いまのこの人生をまっとうして生きましょう。

 

 

いまのこの人生に感謝して生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る