人生

人生詳細

けんかするほど仲が良くなる理由 NEW


IMG_5120

 

けんかするほど仲がいいという言葉がありますが、

本当にそうでしょうか。

 

けんかにもいろいろあると思います。

 

口で言い合うけんかの場合、

ただ単に互いをののしり合うようなけんかであれば

それはけしてけんかするほど仲良くなることはないでしょう。

 

また、自分の非を認めず、自分のいい分だけを通そうとする

口けんかも一方通行で、けして仲良くなれず

むしろ嫌悪感や相手に対する恨み、つらみだけが残るでしょう。

 

しかし、互いの言い分を理解するための言い合い、

ディスカッションや議論的なものであれば、

言わずに心に溜めておくよりも、きちんと自分の考えや思いを伝えることで、

相手との温度差や互いの勘違いを糺す上では有効でしょう。

 

 

どういう口けんかであるかによって、

異なってくるでしょう。

 

互いを理解するための建設的、かつ必要な内容であれば、

わかってくれるだろうとか、何もいわずにわからないというような

互いのモヤモヤを解消するには、効果的であるということです。

 

その場合、たいせつなのは感情的にやり合うのではなく、

なんでそのように怒っているのかとか、何が原因なのかを

しっかりと話すことによって、すれ違っていた思いや

互いの状況をそれぞれが確認することができ、

自分の見直し、どうしたらいいかということが見えてくることがあります。

 

 

けんかをすることで仲がよくなるというよりも、

けんかをするくらいに仲がいいというほうがしっくりくるかもしれません。

 

けんかをしても、仲が壊れることがない安心感、

つまり、互いのことを思い信じ合ってなければ、

怖くてけんかはできないでしょう。

 

けんかするくらいで壊れる仲なら、

それは本当の仲ではなかったということになります。

 

けんかしたとしても、

互いの考えや思いを話して、理解を深めていけば、

それこそ、けんかしても壊れない仲になれることでしょう。

 

 

 

信頼とつながりをたいせつにする 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る