人生

人生詳細

幸せな人生を送りたいなら、余計なことは考えない


IMG_5445

 

願う人生を送るために

余計なことはいっさい考えないことです。

 

余計なこととは、不安になる気持ちや

不満に思う気持ちや本筋から外れた思いです。

 

幸せになるために必要なのは、

そういう思いを持たないことで、

シンプルに、どうしたらできるのか、

ただそこだけに集中して、行動することです。

 

しかし、集中していて

そういう思いを持たないからといって

すべてがうまくいくとは限らないかもしれません。

 

そんなときに必要なのは、

とらえ方を変えることです。

 

 

とらえ方を変えることで、

感じ方は変わってきます。

 

では、どうとらえ方を変えたらいいのかというと、

やはり感謝しかないのです。

 

素直に誰に対しても何に対しても

感謝することができたら、それこそ完全無敵でしょう。

 

しかし、感謝すればいいと、上っ面だけの感謝ではムリで

心底そう思わないと、感じ方は変わりません。

 

そして、感じ方が変わってくれば、

自然と行動も変わっていくのです。

 

なぜかというと、それが

行動を生み出す原点、おおもとの思いだからです。

 

 

感じるから感じて動く、

感動するのです。

 

感じて、行動が起きるのであれば、

感じ方によって、その行動が変わるということは

理解できることでしょう。

 

そして、その感じ方はごまかすことはできません。

 

仮に、人をごまかせたとしても、

自分をごまかすことはできないのです。

 

頭ではごまかせても、

必ず自分の中で矛盾を感じ、それが現実になっていきます。

 

 

余計なことは考えずに、シンプルにいきましょう。

 

そうすれば、とらえ方、感じ方もシンプルになります。

 

現実問題を難しくしているのは、

あなたのとらえ方、感じ方がシンプルでないからです。

 

そして、感謝しているのに現実がうまくいかないのであれば、

それは感謝が足りないのではなく、

自分の中に矛盾が潜んでいるからなのです。

 

自分の中で感じている矛盾に気づけて、解消できたら、

現実は必ずよりよく変わっていきます。

 

そして、その矛盾が潜在的なものであれば、

潜在的に整えていくことで、現実はより早く変わります。

 

自らが願う人生をよりよく現実に引き起こしていくためにも

シンプルに感じて動いていきましょう。

 

 

 

シンプルに感じて動く 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る