人生

人生詳細

平常心を保つために


4844AB1D-6FB2-4F8C-8F2C-64D72E9AF955

 

常に平常心でいられると、

心が荒ぶることなく生きていくことができます。

 

外部のものに影響されることが少ないために

非常に心身ともに楽でいられるでしょう。

 

そのためには、

人は人、自分は自分の境界線を敷くことも

必要になってきます。

 

あまりにも、人に感情移入したり、合わせたり、

振り回されると、平常でいられなくなるでしょう。

 

 

自分と人の境界線をきちんと知ることです。

 

自分の範囲と人の範囲を混合しないということです。

 

自分の中での正しい線引きができれば

外部に振り回されることは少なくなります。

 

自分の問題と相手の問題の違いを認識することで、

自分以外の外部からの影響を受けなくなっていくのです。

 

たとえば、自分の感じ方やとらえ方は

人とは異なるものです。

 

ということは、

自分はぜんぜん気にならないのに、相手がものすごく気にしている場合、

その気になっていることは、自分の問題ではなく、

当然のことですが、気になっている相手の問題であるということです。

 

 

感じ方やとらえ方は人それぞれです。

 

そのため、ムダに人の感じ方やとらえ方に

振り回される必要はありません。

 

そういう感じ方、とらえ方もあるのだなと知るだけで

それに対して気にしたり、考えすぎたりしなくていいということです。

 

感じ方やとらえ方は、自分でしか解決できません。

 

自分は自分、人は人

振り回されずに、地に足付けて

常に穏やかに笑顔で生きていきましょう。

 

 

 

平常心で生きていく 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る