人生

人生詳細

対応という名の付加価値


IMG_0592

 

安かろう、悪かろうではないですが、

対応という名の付加価値について、

考えらせられることが多々あります。

 

どんなに商品が素晴らしくても、

またどんなに値段が安くても

そこに関わる人の思いや在り方がなってなければ

イヤな思いをしたくないので、使いたくないというのが

人の心理ではないでしょうか。

 

以前、あるお店にて、熱燗で飲むのが一般的なお酒を

どうしても常温で飲みたくて、何度も熱燗ではなく常温でと

念を押して、オーダーをお願いしました。

 

そうしたところ、なかなか注文したお酒がこずに、

催促して、さらに待たされることしばし、

1度燗につけて少し冷ましたと思われるお酒がやってきました。

 

きっとオーダーを受けたのが、学生アルバイトだったため

常温の意味がわからなかったのかもと思い、

その店のオーナーである店長を呼んで理由を話して、

再度待つことしばし、手元にきたのはさらに常温くらいに冷めた

酒器を変えただけの、完全に気の抜けた先ほどのお酒でした。

 

その店のオーナーである店長の対応に、もう何も言えないどころか、

冷まして器を変えて、平気で同じものを学生アルバイトに指示して

出してきたことに驚きしかありませんでした。

 

お料理はすごく美味しくて、地酒の品揃えもあり、お値段もお手頃で

気に入って、ここならと友人を連れていったのですが、

友人ともども非常に後味悪い思いをし、

もう2度といきたいと思わないお店になりました。

 

どんなに商品が素晴らしくても、どんなに安くても

そこにいる人の在り方がこのようにカタチになって

現われるのだな〜と、いい経験をさせていただいた次第です。

 

商品や値段ではない、

目にみえない付加価値をどうつけていくか、

目にみえないけど、このようにカタチになって現われるからこそ、

在り方はたいせつにしたいですね。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る