子育て詳細

背中をみせる


56456171_2208554612564749_939894154677190656_n

 

子供にこうなってほしいと

望む親はたくさんいます。

 

自分ができなかったから、その夢を託したり、

後悔してほしくないから、そうしてほしいと強く願ったりします。

 

しかし、子供からすると、親の背中をみて育つわけで、

その方法を親がみせない限りは、基本口で言われても

難しいでしょう。

 

もともとそういう素質や性格であれば、

親がなんと言おうとも、むしろ言う前に、自分からするでしょうが、

未経験のことであれば、

どうしたらそうできるのか、そうなれるのか

わからないというのが大半かもしれません。

 

 

まずは、親が自ら手本をみせましょう。

 

その場合、親が手本をみせるのが

口で言うよりも手っ取り早いでしょう。

 

もちろん、手本をみせても、

その子の性格上できないこともあるかもしれません。

 

しかし、みせないよりはみせたほうが確実に

真似する確率は高まります。

 

 

人はみて真似をすることで、体得していきます。

 

そして、基本、子供は親が好きです。

 

親が好きであればあるほど、

親の言う通りに、親がしている通りに真似して

親のようになりたいと無意識に思うものです。

 

また、普段から親が自然としていることは

自然とできるようになることが多いものです。

 

なぜかというと、

それがその子にとっての当たり前の世界、

当たり前の環境だからです。

 

 

特別なことではなく、当たり前だから

当たり前にできるようになります。

 

特別なことをするのは、

エネルギーが必要です。

 

しかし、それが日常茶飯事であれば、

他の人からみた場合、大変と思われることでも

その子にとっては、けして苦でも大変でもないのです。

 

親が背中をみせることで、

親を手本として、生きる術を学びます。

 

もし子供にこうなってほしいという思いがあるのなら、

親が自ら率先してその行動をとりましょう。

 

そうすれば、自ずと子供は背中をみて育ちます。

言うよりも前に、背中をみせて生きましょう。

 

 

 

よりよい人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る