健康詳細

身体を使っている人は頭の回転が早い


31300110_1720411841379031_5899933855107776512_n

 

身体を使っている人は

頭の回転が早いと感じることが多々あります。

 

特に年齢を重ねれば重ねるほど、

スポーツはもちろんのこと、音楽やダンスなど

何かしら身体を使っている人、使っていた人は動作も機敏で若々しいものです。

 

もちろん、まれに生まれながらにして身体能力が高くて

機敏な動きの人もいます。

 

しかし、反射神経や瞬発力、そして、機転が効くかどうかは

頭だけで考えているよりも、実際に身体を使って訓練している人のほうが

数段、頭の回転も身体の動きも早いものです。

 

特に武道系などの瞬時で身をかわし、相手からの攻撃を防御するような訓練を

している人、またしていた人は、

何か非常事態が起きたときの身体的対応能力も素晴らしいものがあります。

 

 

身体にしみついたもの、身についたものは

どんなに年月がたとうとも、身体に叩き込まれています。

 

そのため、若いときから訓練しておくと、

昔とったきねづかとでもいうのでしょうか。

年をとっても、自然とできることが多いのです。

 

しかし、若いときにしていなかったからといって、

あきらめることはありません。

 

いくつになっても、いくつからでも

始めようと思えば、何にでも挑戦できます。

 

年だからとか、いまさらとか、思って動かなければ

いま以上のものは得ることはできず、ますます退化して、

けして、いま以上の頭や身体の健康を手に入れることはできないでしょう。

 

 

すべてにおいて、遅いことはありません。

 

いくつになっても、いくつからでも

したいときが始め時です。

 

いつまでもしなければ、ずっと変わらず、

むしろどんどん退化していくのみです。

 

退化したくないのなら、せめて維持できるように、

楽しみながら身体を動かすことをすると、頭がボケることもありません。

 

むしろ、ピンピンコロリで健康に長生きするためにも、

何かしら、身体を動かすこと、スポーツだけでなく、

音楽やダンス、身体を使うゲームなどをすることです。

 

そうすれば、いまよりも楽しく自然に身体が動き、

願う人生を送りやすくなるでしょう。

 

 

 

身体を思い通りに使う 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る