健康詳細

淀みを溜めないためには


37554833_1832036800216534_7661502352121135104_n

 

身体や現実の生活に淀みを溜めないためには

先に手放すことが必要です。

 

しかし、ほとんどの人は一度手に入れたものを

失いたくない、また失うのが怖くて、手放すことをしようとしません。

 

もちろん、自分にとって必要なものは手放す必要はないのですが、

必要かどうかの見極めをせずに、できずにずっと握りしめてしまって

そのまま放置していることが多いのです。

 

そのため、時が経つに従って、

いるもの、いらないものの整理がつかないままになり、

それが身体に、現実の生活に溜まっていき、淀んでいきます。

 

 

年をとるにつれて、代謝は確実に落ちて、

痩せにくい身体になっていきます。

 

そのせいもあって、ある一定の年齢になると、

いきなり太り出し、元に戻らなくなっていきます。

これこそ、溜まって淀んだ状態だといっていいでしょう。

 

身体に溜めてきた結果が、

肥満という結果となって表面化してくるのです。

 

そして、太ることで、気が淀むためになんらかの病気を発症します。

 

痩せている人よりも、太っている人のほうが

断然、病気になりやすいのは、いわずもがなでしょう。

 

だからこそ、溜めない身体、淀まない身体にするためにも、

疲れを溜めない、不安や不満を溜めない、悩まないことが

非常に重要になります。

 

 

予防医学という考え方がこれからの人生においては

たいせつです。

 

病気になってしまう前に、できることがあります。

 

基本、生活習慣病という病気になるには、それなりの時間がかかります。

ということは、それなりの時間をどのように過ごすのかが

非常に重要になります。

 

未然に病気を防ぐためには、

疲れを溜めない、不安や不満を溜めない、悩まないこと

に尽きます。

 

そして、もうひとつたいせつなことは、

淀みを溜めないためにも、あなた自身が好きなことをして輝くことです。

 

 

楽しく輝いていれば、発散されるので、

淀みは溜まりにくくなります。

 

女性の場合は。まず恋をしましょう。

また、男性の場合は、仕事でバリバリ自分の能力を発揮しましょう。

 

そうすると、淀みを溜めにくくなります。

 

もちろん、女性でもバリバリ仕事が生き甲斐というくらいの

エネルギッシュな方はぜひ、仕事にチカラを入れてください。

 

人は輝いているときほど、気もこころも

身体もいい状態に保つことができます。

 

淀みを溜めない=健康です。

ピンピンコロリで元気でいるためにも、

もっともっと自分を輝かせて生きましょう。

 

 

 

 

輝いて生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る