健康詳細

知らず知らずに身体が冒されている


45891342_1991519677601578_4932301706416357376_n

 

知らないうちに

身体を冒されていませんか?

 

また、知らないうちに

身体が冒されていることに気づかずにいませんか?

 

自分はもちろん、他人によって

身体が冒されていることに気づいてない人がたくさんいます。

 

公害というと、放射能などの大気汚染や水質汚濁、悪臭など

大きな社会的な害のように感じるかもしれませんが、

身近なところにもたくさんこのような害は転がっています。

 

そして、それは他人はもちろん、

自分が自分自身で行っている場合もあります。

 

 

化学的物質は、害を及ぼすものがほとんどです。

 

身近でいうと、化粧やハンドクリーム、

シャンプーやコンディショナーといった化学的に製造されたものは

ほとんどが害あるものです。

 

たとえば、自分の手が乾燥しているということで、

ハンドクリームをつけたとします。

 

そして、その手で料理したら、

確実にハンドクリームの成分は、料理の中に混入されていきます。

 

また、消毒するために、アルコールや電解水を使ったら

それも自分の身体の中に確実に入っていくでしょう。

 

人がつけている化粧品や香水の匂いで、

気分が悪くなったり、喉をやられてしまうこともあります。

 

こうして、知らず知らずのうちに

自分の身体が冒されていることに気づかないのです。

 

 

日本人に多い潔癖性が弱い身体を作り出します。

 

世の中に菌は五万といます。

 

そして、その菌は善玉菌もいれば、悪玉菌もいて、

よくもわるくもない、日和見菌もいます。

 

全体のバランスの中で、悪玉菌もこの世には必要な存在で、

けして、なくなってはいけないものです。

 

ところが、平気でその菌たちのバランスを

自ら殺して崩しているのです。

 

そのため、自分の身体のバランスも崩していくのです。

 

 

殺すのではなく、バランスをとることです。

 

自然なものはきちんと自分の身体で

分解することができます。

 

しかし、化学的なものは、分解できなくて

身体に有害物質として溜まってしまいます。

 

自分で気をつけていても、

いまの世の中はそういう商品やそういうもので溢れています。

 

唯一、気をつけることができるとするならば、

極力、そういう商品は使わないこと、

また、常に自分の免疫力を高めておくことでしょう。

 

しかし、その免疫を司る、自分の体内にいる菌たちを

粗雑に扱っていては、その免疫さえも失われていくでしょう。

 

自分の身体をたいせつにすることは、

菌をたいせつにすることに通じます。

 

心身ともに健康に、バランスを整えて、

菌とも共存・共生していきましょう。

 

 

 

健康な人生を送る 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る