健康詳細

健康美人になるために 睡眠編


49089385_2066165616803650_5166110874083000320_n

 

健康美人になるために、

よりよい睡眠がたいせつです。

 

美人は夜つくられると言います。

 

そのため、夜の22時〜2時の時間帯に寝るのがベストと言われますが、

なかなかこの時間帯に上質な睡眠をとることができる人は

いまの社会でそうそういないのではないでしょうか。

 

一般的にお仕事していると、残業で帰りが遅くなったり、

またおつきあいで、夜遅くまで飲んでいたりということもあるでしょう。

 

ということは、ベストと言われる就寝時間の22時を確保することは

かなり難しいといえるでしょう。

 

であるならば、質のよい、自分にとってのベストな睡眠を

とることが必要になってきます。

 

 

ぐっすり眠れるかどうかが大きなカギとなります。

 

どんなに短時間であってもぐっすり寝て、

朝起きたときに疲れが残らずすっきりしているのが

よい睡眠といえるでしょう。

 

どんなに巷で、7時間睡眠がいいと言われてたとしても

7時間も睡眠時間をとることができない人や

また、夜間の仕事で夜に睡眠がとれない人もいます。

 

確かに、陽の明るい時間帯に寝ると

体内リズムは狂ってしまいますが、

それがその人の日常であるならば、

その人にとってのベストな睡眠を確保することがたいせつでしょう。

 

 

また、睡眠の質同様に、寝相もたいせつです。

 

以前、ブログで 寝相でわかる健康度合いという内容で書いたように

自分のいまの健康状態に合わせた寝方でムリをしないことです。

 

そして、できれば健康で上質な睡眠がとれるように、

気のエネルギーを整えていくことです。

 

衣食住などの環境や自分の意識、思い次第で

改善していくことは可能です。

 

また、上質な睡眠がとれない場合は、

必要に応じて、適度なお昼寝タイムをもうけるといいでしょう。

 

いつまでに寝なければならない、

7時間は睡眠時間をとらなければいけないなどと

自分を縛り付けるような睡眠の取り方をするのではなく、

自然にベストな睡眠がとれるように、気を整えていきましょう。

 

 

Blue Riseでは、上記のような

気を整えるためのアドバイスも行っています。

 

改善したいけれど、自分にあったベストな改善方法がわからない場合は

問い合わせフォームからまずはご相談ください。

 

 

 

健康美人になる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る