健康詳細

不要なものは淘汰されていく


image

 

自然のバランスというものは

絶妙で、不要なものは何ひとつありません。

 

もし、不要なものがあれば

必ず淘汰されて、なくなっていきます。

 

たとえば、ある動物が多くなると、

その動物をえさにする動物が増えて、

数の調整が行われます。

 

また、場合によっては、その動物のえさがなくなるために

自ら飢えて死に至り、バランスの調整が自然に行われるのです。

 

そうして、それぞれのバランスは

増えたり減ったりしながら、

ある一定のラインを保つのが自然の在り方です。

 

 

人為的に作為が施されると、

逆にバランスが崩れます。

 

なぜかというと、理論や計算上ではうまくいくことでも

それはたんなる人間の頭の理論や計算でしかないからです。

 

現実は理論以上に複雑です。

 

その通りにいかないのが、当たり前なのです。

 

むしろ人為的にして、うまくいくほうが少ないでしょう。

 

自然にしていれば、バランスが徐々に整うことも

人為的に作為することで、バランスがさらに崩れ、

元に戻れなくなってしまいます。

 

また、公害といわれるものは、

逆に人為的作為によって生み出されているために、

バランスが整うのに何十倍、何百倍もの時間を有するのです。

 

 

人の身体も自然そのものです。

 

いまは、病気になったらかんたんに取り除く、

薬で抑えることを当たり前にします。

 

バランスが崩れて起きたことの原因をみずに

対処療法で、安易に外科手術や薬を使うと、

バランスは崩れたままになり、整うのにかなりの時間を有するでしょう。

 

むしろ、取り除いてしまうと、

その正常なバランスは2度と元に戻ることはないでしょう。

 

もちろん、新しい状況下でバランスをとろうと

身体は必死になるでしょう。

 

しかし、一度崩れて、そこに人為的作為が入ると

つまり、身体にメスを入れると、

2度と同じバランスに戻ることはありません。

 

 

病気は心身の不調のサインであり、

そのサインに気づいて、対策をとることがたいせつです。

 

特に、風邪や生活習慣病というものは

いまの心身の状態、生活を見直しなさいのサインです。

 

そのサインに気づき、日々の生活を見直すことで、

必ずバランスは整っていくでしょう。

 

安易に取り除くと、2度と同じバランスには戻れなくなります。

 

なぜなら、本来あるべきものがなくなったり、

メスや内視鏡を入れることで、身体が傷を負うからです。

 

 

安易に取り除く方法を選ばないことです。

 

むしろ、その前になぜそうなったかのか

自分の心の癖や観念、身体の状態や生活を見直しましょう。

 

そこに答えが必ずあります。

 

検査で何か異常がみつかってバランスが崩れているのがわかったら、

ただそのままに経過観察するのではなく、

必ず自身の心の癖や観念、身体の状況、生活を見直すことです。

 

そうすれば、そこから気づけて、変えていけるはずです。

必ず元気、元の気に戻るはずです。

 

きちんと自分のいままでの心の在り方、人生を見直して、

今世の借り物である身体をたいせつに、

本来の元気のままに、一生をまっとうしていきましょう。

 

 

 

本来の気をたいせつにする 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る