健康詳細

健康に必要なのは本来の気に戻すこと


image

 

メンタルが強い人には変な人は寄り付かない

というか、寄り付けません。

 

なぜかというと付け入る隙がないからです。

 

それと一緒で、身体が元気で強ければ

病気を寄せ付けません。

 

たとえば、古くて腐りかけた農作物があったとします。

 

おそらく、腐ったところを取り除いたところで、

その農作物は食べれるか? 食べて美味しいかといえば、

Noでしょう。

 

つまり、同じ本体が弱まっていると、

いまは腐ってなくても、そのうち腐ってダメになるのは目に見えています。

 

 

元気であれば、冒されることはないですが、

弱っていれば、どこかしら冒されていくものです。

 

そして、必ず弱いところからやられていきます。

 

急所ともいえるでしょうが、

弱まっているところから必ず病は進行していきます。

 

そして、どんなにそこだけを取り除いたとしても

体質が、本質が変わらない限り、また新たに発病します。

 

ないしは、別の病気を生み出します。

 

もし薬などで一時的に押さえ込んだとしても、

症状が出なくなったり、痛みを感じなくなるだけで、

根本治癒には至らないのです。

 

むしろ、その感覚が鈍り、症状が出なくなることで、

別の病気が発生していても気づくことができなくなる場合もあります。

 

 

何が言いたいのかというと、

すべては一物全体だということです。

 

人の身体も農作物も同じで、

同じ固体であれば、そのひとつのバランスで出来ています。

 

つまり、人の身体も農作物も

いらないものはなにひとつなく、

ひとり、ひとつですべてのバランスが保たれているのです。

 

そのため、悪いから取り除いたとしても、

その取り除いたところが弱まるか、

その取り除いたところが影響を与える臓器や場所が

弱まるのは目にみえてます。

 

バランスを崩しているのであれば、

そのバランスが崩れた根本原因をしっかり見直して、

整えていくことです。

 

 

病のほとんどは生活習慣病と呼ばれるものです。

 

いまの生活習慣を、衣食住を見直して、

正して整えていくことで、

バランスが整って、改善していけるでしょう。

 

取り除いて、どんどん自らの自然治癒力を弱まらせていくことなく、

本来の気、元気に戻って、人生を楽しんで生きましょう。

 

 

 

本来の気をたいせつに生きる 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る