健康詳細

サプリメントの飲みすぎは肝臓に負担をかける


17884215_1343565005730385_8120017783763568632_n

 

食事で栄養を摂らずにサプリメントに頼ってばかりいませんか?

 

サプリメントは栄養補助食品と言われるように

たんなる栄養の補助でしかありません。

 

昔、3年周期でちょっとした病気にかかっていたころ、

1日に摂取するサプリメントの数は10種類以上を

超えていたことがあります。

 

本来の食事が疎かになり、サプリメントで栄養を補ってるつもりでしたが

逆に身体、特に解毒機能をもつ肝臓に負担をかけていたということに

気づいたのはファスティング、断食経験からでした。

 

ファスティングをして、身体がどんどん健康に近づいてくるにつれ、

お腹が空いたときに、身体が食べたいものを摂るようになり、

サプリメントに頼らないようになってから、

疲れにくい身体へと、肝機能も改善していきました。

 

 

サプリメントは栄養の補助でしかありません。

 

健康に元気でいたいなら、

サプリメントは栄養補助で、栄養は本来の食事できちんと摂るものです。

 

どんなにいいサプリメントでも補助でしかありません。

 

サプリメントを飲み過ぎたり、いろんな種類の量を摂りすぎたりすると、

偏ったり、逆に栄養過多になったり

分解するのに負担がかかったりするのです。

 

補助食品ですから、毎日摂るものではなく、

たまに必要なときに飲むとか、補給のために一定の期間だけ飲むというのが

通常のサプリメントのあり方です。

 

 

本来の栄養は命あるものからしかいただけません。

 

それよりもきちんと命あるものを料理して栄養をいただくことです。

それこそが本来の栄養、食のあり方です。

 

確かにいまは農薬やPM2.5、原発問題などで地球の環境汚染が進んでいたり

また食品添加物や遺伝子組み換えに畜産の飼料問題などもあって

何を食べても食に対する安心はけして得られる時代ではありませんが、

身体にいいからと、いいものだけをよりすぐった偏りある栄養の摂り方

確実に身体に負担をかけたり、逆に身体を甘やかせたりと

本来自らが持っている自然治癒力や免疫力を弱めていくことになります。

 

 

きちんと命ある食から生きるエネルギーをいただきましょう。

 

根本のあるべき食のあり方を失うから

自身の健康もどんどん失われていくのです。

 

そして、終いには自分の生き方まで見失っていくのです。

 

Blue Riseでは、メンタルや意識だけのカウンセリングだけでなく、

身体のバランスを整えて、心身ともに健康になっていただくために

クライアントの方には無料で健康のアドバイスやファスティング指導も行っています。

 

身体・こころ・意識をバランスよく整えて、

いつまでも元気でよりよい人生を謳歌していきましょう。

 

 

 

 

心身ともに健康にバランスを整えていく 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る