命想メソッド

命想メソッド詳細

感覚でうまくできる人


19366555_1415703521849866_7181765805522985446_n

 

感覚でうまくできる人はなぜできるのかを説明することができません。

 

なぜしたいのか?と理由を聞かれても

なぜしたいのかに対して答えることができない人がいるように、

できる人にとって、なぜという質問がまったく無意味なときがあります。

 

先日お会いした経営者の方がまさにそんな感じでした。

なぜと聞くと、したかったから、とか、興味があったから、とか

問題を解決したかったから、とか

非常にシンプルな答えしか帰ってこないのですね。

 

できる人というのは、できない理由を考えるのではなく、

どうしたらできるのかということしか考えていないような気がします。

 

 

うまくできるようになりたければ、できることしか考えない

できるようになるためにはどうしたらいいかしか考えないことです。

 

以前、悩みが多い人は暇な人が多いとある経営者が言いました。

悩む時間があるという意味で、暇な人が悩むと言ったのです。

 

確かにそれも一理あるかもしれません。

が、以前そうとう悩み癖のあった私からすると、

暇なのではなく、思考がそこに貼り付いて離れないといったほうがいいかもしれません。

 

思考を変えたくても、変えることができないくらい

できない思いに思考が貼り付くのです。

 

それと同じで、できる人はできないという悩みではなく、

どうしたらできるようになるのか、できるためにどうしたらいいかだけに

思考や意識を向けているだけのような気がします。

 

 

思考や意識を向ける方向を間違えないことです。

 

方向を間違うと、その時点で間違った方向にしかいけなくなります。

 

とはいえど、どうしたら間違った方向に思考や意識を向けたらいいのか

わからない人もいると思います。

 

わかる人はできる人です。

しかし、頭では理解しても、思考や意識ができないに貼り付いて

できない人は、その思考や意識から整えたほうが早いのです。

 

できないけれど、できるようになりたい

自分の人生をこのままで終わらせたくない

そういう方はぜひ、命想メソッドのカウンセリングセッション

間違えてとらえている思考や意識から正していきましょう。

 

 

 

 

人生の方向を正していく 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る