命想メソッド

命想メソッド詳細

【福岡・心理カウンセリング】男性心理と女性心理の違い


24176710_1567353920018158_3422493064720145434_n

 

恋愛にしろ、仕事にしろ、

男性と女性にはわかりあえない、大きな溝があります。

 

その溝を埋めようと悩む人たちがこの世には数多く存在しますが、

どんなにその溝を埋めようとしても埋めれるものではありません。

 

それは、男性と女性はまったくこの世で別の存在だからです。

 

いちばんわかりやすいのは、造りの違い、

遺伝子の違いといったらいいでしょう。

 

男性と女性は同じ人間ですが、似て完全に非なる存在なのです。

 

 

男性と女性の違いを知る上で

非常にたいせつなスタンスがあります。

 

それは、男性が女性のことを、

そして、女性は男性のことをわかろうとしないことです。

 

よく男性が女性のことをわからないといいますが、

女性も同じく男性のことはわかりません。

 

自分とは違う質を持った相手をどんなにわかろうとしても

わかるはずがないのです。

 

男性心理や女性心理を知って、大枠の傾向と対策は組めるかもしれませんが、

そこに個性もプラスされるので、根本がまったく異なる上に

さらに個性というバラエティーがついてくるとなると、

わかろうとすること自体がムリというものです。

 

 

では、どうしたらいいのでしょう。

 

わかろうとするのではなく、

わからないこと、つまりぜんぜん違うことを楽しめたらいいのです。

 

男性はこんな考え方をするんだとか、

女性はこういうことに気持ちが動くんだとか、

性別の傾向プラス、それぞれの個性を知ろうとこころを向けることで、

知らない世界を知ることへのワクワクがきっと出てくるはずです。

 

わからないからこそ、相手のことを知ろうとすることは

信頼関係を深めていく上で、非常に重要なことのひとつです。

 

わからないからこそ、知りたいと思い、

相手に興味を持ったり、逆によい刺激を受けることができます。

 

 

男性と女性は、共にお互いの役割も違います。

 

いちばん大きな違いは、女性は子供を産めるけれど、

男性は子供を産むことはできないという決定的な役割の違いでしょう。

 

違うからこそ、お互いが必要で、なくてはならない存在なのです。

 

男だから、女だからと区別する必要はありませんが、

男と女は別モノであるということを知り、自分にないモノに興味を寄せること、

それだけで、人生はさらに楽しみが増えることでしょう。

 

 

 

ワクワクの人生を楽しむ 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る