命想メソッド

命想メソッド詳細

感じるということ


43168388_1942465599173653_975180635318517760_n

 

感じる感情と感じること、

インスピレーションや直感のようなものを一緒にしないことです。

 

同じように、感じるといっても

わき上がってくる感情と降ってくるインスピレーションでは

ぜんぜん異なることがわかるでしょう。

 

感情を感じて流されるのが、

俗にいう人生翻弄されてしまう、運の悪い人です。

 

そして、インスピレーションや直感を感じることができる人は

感じるままに人生を生きている、俗にいう運のいい人です。

 

 

運は同じでも、方向を間違えないことです。

 

運はどのように運ぶかによって、

運命が変わります。

 

そのため、運は

いいほうにも悪いほうにも転びます。

 

運のいい人は、

運を運ぶ方向がいいだけです。

 

そして、運の悪い人は自分で運を悪い方向へ転ばせてしまうから

よくならないだけなのです。

 

 

運をよりよくするためには、

感じたままに動く際、感情ではなく、感覚で動くことです。

 

感情のままに動くのではなく、

感覚のままに動くのです。

 

感情と感覚では似ているかのように思うかもしれませんが、

まったくもって非なるものです。

 

イヤという感情のままに動くと

イヤなものを引き起こしていきます。

 

しかし、イヤという感覚を素直に感じ取って、

それを選択しなければ、イヤなものを引き起こすことはないのです。

 

ここが腑に落ちて、体現できれば

人生はよりよい方向にしか向かなくなります。

 

そして、それをインスピレーション、直感のままにできるかどうか

それだけなのです。

 

 

感覚を磨きましょう。

 

五感も含めたすべての感覚を磨くことで、

より鋭く、冴えてきます。

 

世の中、非常に視覚優位の人が多く、

目にみえるものしか信じれない人も多いようです。

 

しかし、目にみえるものだけでなく、

目にはみえないものを感じとれるようになると、

自分の感覚を信じることができるようになります。

 

目にみえないものもたいせつに、

運という気のエネルギーをよりよい方向に高めていきましょう。

 

 

 

願う人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る