命想メソッド

命想メソッド詳細

言葉がこころにひっかかる


40160622_1894660120620868_5621762468456955904_n

 

人から言われた言葉、また自分が言った言葉が

こころにひっかかって、脳裏から離れなくなることはありませんか?

 

その場合、大抵は、自分の中にその言葉にひっかかる何かが

こころに潜んでいるものです。

 

同じ場面で同じようなことを言われても

気にする人、気になる人がいると同じように、

ぜんぜん気にしない人、気にならないという、

相反する人は必ずこの世の中に存在します。

 

気にしなければいいのに

そうはいかないから、キツく苦しく感じるのです。

 

 

気にしなければいいと頭でわかっていても

気になるのが人の性(さが)です。

 

しかし、そういうことが気にならなくなると、

それこそ人生を楽に生きていけるようになります。

 

気にするから、気になるから苦しいのです。

 

気にならなくなれば、なんてことはないのに、

気にしてしまう自分がそこにいるのです。

 

では、気にせず生きていくとは、どういうことでしょうか?

 

 

てっとり早く、忘れてしまえばいいと思いませんか?

 

確かに忘れてしまえば、忘れてしまっている間は楽でいられます。 

 

そのため、忘れてしまうというのもひとつの手ではありますが、

しかしながら、忘れてしまって、

意識の中に埋もれさせてしまうのはオススメではありません。

 

いちばんいいのは、思い出したとしても

こころに何もひっかかりがないこと、イヤな思いや悲しい思い

せつない思いなど、ネガティブと言われるような思いが生じないことです。

 

表面上忘れると楽かもしれませんが、

その場合は完全にその問題を解消している訳ではないため、

こころの中にくすぶり続けていることがあります。

 

こころの中にあれば、それがいつか浮上してきて、炎上し、

ちょっとしたいたずらを人生において引き起こしてしまうでしょう。

 

 

忘れるのではなく、きちんと根本から解消することです。

 

そうすれば、思い出すことはないし、もし思い出したとしても

そこにはもう何も問題は潜んでないのです。

 

むしろ、あのときはああいうこともあったなぁと

懐かしくさえ思うことでしょう。

 

そして、そのことに対して、

ネガティブな思いはいっさい発生しないのです。

 

ネガティブな思いが出るということは、

まだこころの中に問題があり、その問題が解消していないということになります

 

こころの中にある問題を完全に解消し、ネガティブな思いを抱え続けないためにも、

Blue Riseの命想メソッドで、根本から断ち切っていきましょう。

 

そうすれば、きっと人生は楽しく、変に頑張りすぎなくても

願いとおりの人生を創造することができるようになっていくでしょう。

 

 

 

願う人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る