命想メソッド

命想メソッド詳細

身体に疲労を溜めないこと


IMG_4304

 

身体に疲労を溜めないことが

健康の第一歩です。

 

では、どうしたらいいのかというと、

非常にかんたんです。

 

その日の疲れはその日のうちに

とってしまうことです。

 

しかし、生きていると、仕方ないといいながら

その日の疲れをその日のうちに取り除くことができずに

どんどん溜めていきます。

 

そして、年齢とともに新陳代謝が落ちていくのではなく、

疲れを溜めすぎてしまったがゆえに

代謝が悪くなって、循環がうまく行かなくなるのです。

 

 

疲れを溜めないためには

日々の生活を見直すことです。

 

日々の生活の中でたいせつなことは

食事、衛生環境、睡眠です。

 

食事はバランスよく栄養をとることですが、

その際に、ちゃんと身体の声に耳を傾けて

身体が欲するものを食べることです。

 

ただし、身体がすでに淀んでいると、

バランスよく栄養をとることができないでしょう。

 

淀んでしまっているために、

身体が欲するものも偏っている可能性が高いからです。

 

その場合は、極力加工された食材や添加物が含まれたものをとらずに、

自然の食材を食べるように、こころがけましょう。

 

 

疲れをとりのぞくためには、

きちんと湯船につかることです。

 

また、身にまとう衣類をきれいに洗濯することです。

 

そして、家の中を整理整頓、

ほこりを溜めないことです。

 

つまり、衛生環境を整えて、

不浄なものを寄せ付けないことがたいせつです。

 

身の回りが淀むことで、

身体の淀みも溜まります。

 

特に、身体を洗わなくても

湯船に浸かるだけで、身体の不要な油分や汚れは

取り除かれます。

 

常に身の周りを清潔にしておきましょう。

 

 

身体を回復させるためには

なんといっても、良質な睡眠が必要です。 

 

寝ることで、新陳代謝が正常化し、

細胞が活性化、身体の機能が回復します。

 

忙しいからと、睡眠を削ってしまっては

それこそ、命を削っているのと同じことになってしまいます。

 

睡眠時間がきちんととれないのであれば、

睡眠の質を高めることです。

 

そのためには、先ほどいった湯船に浸かることが

たいせつになってきます。

 

身体に不浄なものがまとわりついていては、

質のよい睡眠をとることは難しいでしょう。

 

しっかりその日の汚れを洗い流すことで、

質のよい睡眠へとつながります。

 

 

日々の生活をたいせつにすることで

人生は大きく変わっていきます。

 

日々疲れを溜めないようにすることで、

健康な人生をまっとうすることができます。

 

誰しも病気になったり、身体が不自由になって

動けなくなるのは嫌でしょう。

 

であるならば、日々をたいせつに生きること

いまからでも遅くありません。

 

気づいたときに、小さなことから

日々の生活を見直して、健康な人生をまっとうして生きましょう。

 

 

健康に生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る