命想メソッド

命想メソッド詳細

子供にイライラしなくなる方法 NEW


43302192_1943931012360445_5404517666801057792_n

 

自分の子供の言動に、

イライラを感じることはありませんか?

 

つい子供の言動に対して、イライラしてしまって、

自分の感情のままに、子供に八つ当たりをしてしまうことは

ないでしょうか?

 

先日、美引力カウンテラピーを受けていただいた

お母さま(クライエント)より、嬉しいご報告をいただきました。

 

そのお母さまは、子供が自分に対して行う言動に対して、

ついイライラすると、そのイライラがおさまらないときは

子供に対して八つ当たりをして、その後、自分が子供に対して行った言動に

自己嫌悪を感じるということでカウンセリングに来られました。

 

美引力カウンテラピーを受けていただいたことで、

今まで、子供に感じていたイライラする気持ちやいらだちがグッと減って、

とっても楽になってきたというのです。

 

 

子供でなくても、周りの人に対して

イライラを感じることはないでしょうか?

 

たとえば、親に対して、友人に対して、

上司や部下に対してなど、あらゆる人に対して、

相手の反応が気にいらなかったり、相手の自分に対する態度に対して、

イライラを感じることって大なり、小なりあるものです。

 

特に、子供のように、何度同じことを言っても

聞き分けのないことをされると、ついイライラして、

ムカっと反応してしまうことがあるでしょう。

 

子供が行う言動に対して、イライラしたり

何も感じなければいいのですが、感じることで、

自分のイライラが止まらなくなり、止めるために

子供に対して、感情のままにしかるというのは、

子供の教育において、好ましいことではないでしょう。

 

 

人によって、そのイライラの虫の原因は異なります。

 

相手に対して感じるイライラの虫は

感じる人によって、原因が異なります。

 

しかし、その原因がなくなれば、原因と結果の法則により、

相手にイライラを感じなくなり、

こころ穏やかでいられるようになります。

 

自分の中にいらだつ思いがあるから苦しく感じるのであって、

相手のすることが気にならなくなり、

イライラやいらだつ思いを感じなくなることが、

自分のこころの衛生上も非常にたいせつでしょう。

 

 

子供の教育において、

親の果たす役割は、非常に重要です。

 

親が子供に対して、どう接するかで

環境面で、子供に及ぼす影響は非常に大きいからです。

 

今後の子供の人生の生き方の大半を決めてしまうといっても

過言ではないでしょう。

 

そのためにも、親として、子供に対する接し方が

非常にたいせつです。

 

もし、親として、子供に対しての接し方で

気になる点があるのなら、育児において自信がないなら、

まずは親としての軸を整えましょう。

 

 

子は親の鏡です。

 

自分の在り方を見直して、自分にとっても子供にとっても

また家族にとっても幸せな在り方で、人生を楽しく生きていきましょう。

 

 

 

願う人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る