命想メソッド

命想メソッド詳細

とらえ方の違い


56369825_2206045286149015_6885923776354058240_n

 

個性的という言葉を

ポジティブな言葉と思っていませんか?

 

ところが、昨今若者たちの間では

この個性的という言葉をネガティブにとらえる人たちが

増えてきているようなのです。

 

ところ変わったり、時代が変わったり、

また世代間でも大きくとらえ方は異なります。

 

比較的ポジティブにとらえる人たちは

個性的というと、独創的で人とは違う才能を持っている

考える人が多いようですが、

ネガティブにとらえる人たちにとっては

独創的で人とは違うというところに過剰に反応するようです。

 

 

人と違うということが

ネガティブに感じるひとつの要因になっています。

 

人と違うというと、

周りとは違う存在で自分だけが浮いているように感じたり、

輪に入ってない、差別意識にさえ感じるようなのです。

 

たとえば、最近よく障がいは個性であるというような言い方を

する人がいます。

 

その場合、言ってる人はポジティブにとらえて言ってるつもりでも、

聞いた人によっては違和感を覚えたり、

差別されているように感じることもあります。

 

 

相手のとらえ方によっては、

同じ言葉でもその意味するところが違ってくるのです。

 

それによって、そんなつもりで言ったことではないのに、

軽々しく口にしてしまったばかりに

相手や周りから攻撃されることもあるかもしれません。

 

だからといって、

過剰にそのことを気にすることはありません。

 

むしろ、何か問題が起きたときに

過剰に感じてしまう思いや観念を変えていくほうが早いのです。

 

そうすれば、今後同じような問題は起きてこなくなります。

 

とはいえ、表面化して勃発してしまったことに対しては

きちんと対応することが必要になるでしょう。

 

しかし、これも対応次第で、

きちんと対応すれば収束も早くなります。

 

 

潜在意識から整えていきましょう。

 

同じようなことでいつも問題を表面化して

大きくしてしまうのであれば、 

潜在意識から整えて、またいらない観念を取り除いていきましょう。

 

そうすれば、気にならなくなり、

現実的に問題を起こすことはなくなってきます。

 

とらえ方の違いに対しても、

もしそのようなことを今後言ってしまったとしても

大きな問題になることはなくなっていくでしょう。

 

 

 

願う人生を引き起こす 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る