命想メソッド

命想メソッド詳細

前世療法では取り除けないこころの傷について


IMG_4572

 

こころに負った傷は

完全に解消できたかどうかはわからないものです。

 

身体に負った傷であれば、

血がでたり、傷口がみえることで

確認することができます。

 

しかし、こころの傷というものは

どのくらいの傷で、痕が残っているのかさえ

みることはできません。

 

そのため、こころに負った傷をそのままにしていると、

その傷が治ってなくて、そこから侵蝕して、

気づかないうちにどんどん傷が深くなってしまうことがあります。

 

 

こころの傷はみえないからこそ、

できるだけ早めにケアしておきたいものです。

 

早めにケアすることで、

後からじわじわと苦しめられることがなくなります。

 

もし何か経験したことで、

その経験が悪夢のようにフラッシュバックしたり、

イヤな感じを与えたり、身体に痛みや不具合を引き起こすのであれば、

それは確実に解消しておくことが望ましいといえるでしょう。

 

そして、きちんと解消すれば、

また同じような経験をすることはなくなります。

 

 

どの療法を使ってでも、

解消できれば、それがいちばんです。

 

解消できたのであれば、

その方法はあなたに合っていたということになるでしょう。

 

しかし、もしその方法で解消できないのであれば、

他にあなたに合った方法があるということで、

別の方法で早めに解消するほうがいいでしょう。

 

こころの傷を解消する方法のひとつに、前世療法がありますが、

前世療法は、自分でそのこころの傷の原因を観にいきます。

 

そのため、もし観ることができなければ、

気づくことができなければ、

こころの傷を解消することはできないでしょう。

 

 

命想メソッドのカウンテラピーでは

自分で観ることのできない

こころの傷を根本原因から解いていきます。

 

そのため、自分で観る必要はなく、

違う角度からお話をうかがうために、場合によっては、

辛い経験を思い出すこともなく、解消することが可能です。

 

完全に根本から解消した場合は、

こころの傷により引き起こされていた現象は

今後2度と起きることはありません。

 

また、無意識レベルに働きかけていくために

本来のあなた自身が引き出されてくるでしょう。

 

年少のころや思春期時代のこころの傷を解消したいのなら、

命想メソッドのカウンテラピーをどうぞお試しください。

 

 

 

こころの傷を解消する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る