命想メソッド

命想メソッド詳細

問題を複雑にしないためには


B417D75A-3C4C-4BC7-943C-650861901568

 

問題を複雑にしないためには、

その問題をつつかないことです。

 

寝た子を起こすなということわざを聞いたことがあれば

わかるでしょう。

 

気持ちよくスヤスヤ寝ている子供を無理矢理起こしたら

どうなりますか?

 

きっとその子は起こされたことを怒って、

大きな声で泣き叫ぶことでしょう。

 

そして、困るのは誰かというと、

その子を起こした張本人でしょう。

 

 

問題をわざわざつつくことで問題を起こしているのは、

つついた本人であるということです。

 

また、問題を問題と思って大きくしているのは

問題と思っている本人であるということです。

 

以前、ブログに書いたことがありますが、

自分の中にある問題、つまりそう感じてしまうことを

外に吐き出し投げかけると、それは波紋として広がっていきます。

 

自分が勝手に感じたことを周りに言いふれることで、

それが問題となり、炎上してしまうのです。

 

人生がうまくいかない人は

平気で言いふれまわって、周りの人を巻き込んでいきます。

 

周りを巻き込むから、

人生がうまくいかなくなっていることに気づけないのです。

 

 

いらぬことはしゃべらないことです。

 

とはいえ、自分の中に湧き出てくる思いを

そのままにしていたとしてもけしていいことではありません。

 

言えば、言ったときはスッキリするけれど

その後が大変だったりします。

 

しかし、誰にも言わずに

自分の中だけで解消できる人はそうそういません。

 

また、それらの思いを抱えて溜め込んでしまうと、

今度はその思いが、自分の身体を蝕むことになります。

 

思いは必ず現実化するからです。

 

 

言えば波紋を起こし、

言わなければ自分が蝕まれる、厄介なものです。

 

それでも言わないほうがいいのは、

問題を複雑にしないためです。

 

そのためには、きちんと自分の中から出てくる思いのおおもとを

解消することです。

 

不満だったり、不足だったり、愚痴だったり。

それらの思いがわき上がってこないことが

心身の衛生面で望ましい状態です。

 

Blue Riseでは、その思いのおおもとを潜在的に解結し、

顕在的にもカットしていきます。

 

それにより、自分の中にある間違えてとらえている思いを

解消し整えることで、意識レベルが整って

さらにより幸せを感じられるようになってくることでしょう。

 

 

 

思いのおおもとから整える 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る