企業向け

企業向け詳細

一歩遅れたサービス


29683491_1692391777514371_4248770636836235261_n

 

いつもきれいで、いつもパーフェクトであることは

非常に素晴らしいことです。

 

しかしながら、時と場合によっては

一歩遅れたサービスが功を奏すことがあります。

 

たとえば、本来であれば、お客様から指摘される前に完全な状態に準備したり、

お客様のお困りごとに対して、事前に察知して、

お客様からお声をかけられる前に、こちらから気づいて行うサービスなどは、

日本のおもてなしの接客業からすれば、当たり前のことかもしれません。

 

ですが、あまりに完全に準備したり、お客様よりも先に気づいて行ってしまえば、

あまりにもスムーズすぎて、本当に素晴らしいサービスを受けていることに

気づかないものです。

 

 

ほんのちょっとだけ遅れたサービスをすることで

お客様に感動を与えます。

 

きちんとしてくれている、ないしは自分だけにしてもらったという

特別感を与えることができます。

 

本来であれば、事前に完全にしておくほうが素晴らしいのに、

完全であるとあまりにも当たり前すぎて気づかれないために、

また完全にできないのであれば、一歩遅れてのサービスを行って

お客様に感動を与えるという手もあるのです。

 

一例として、通常、店内の掃除は閉店してお客様がいない時間や

開店前の準備時間に行うものです。

 

しかし、営業時間が丸1日だったり、ものすごい人数を短時間にさばくお店では

営業時間中や営業の途中にクリーン時間なるものを設けて店内掃除を行ったりします。

 

そうすると、本来はお客様に失礼にあたるから、

営業時間にお掃除はしないというのが常ではありますが、

営業時間に行うことで、逆に衛生面に気をつけているお店であることがPRとなり、

その姿をみせることで、きちんとしていると認識いただけ、

逆に企業としての評価があがるのです。

 

 

見える化することで、信頼を得ることができます。

 

隠さずに、通常行っていることを少しだけみせることで、

逆にそれが評価やお客様からの信頼につながります。

 

もちろん、掃除の場合は方法があります。

短時間で、なるべくお客様にご迷惑のかからない時間帯や方法で

キビキビと効率的に確実に行うことです。

 

それを行うことで、店内にも活気が出て、

お客様からもきちんと評価される、一歩遅れたサービスで

いつも行っているサービスの質を感じさせることができたら、

それこそ、お客様に素晴らしいと感動していただけ、

リピートや口コミにつながり、お客様から愛される企業になることでしょう。

 

 

 

愛される企業になる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る