企業向け

企業向け詳細

リーダーシップを発揮する


51943329_2122639527822925_761121715848740864_n

 

リーダーシップにも

いろんなカタチ、方法があります。

 

自分が旗を振って、みんなを引っ張っていく方法もあれば、

みんなに自由に参加してもらって、フォローしていく方法、

それぞれに役割を分担して、権限委譲していく方法、

いずれをとっても、リーダーシップを発揮することには

変わりありません。

 

そして、どのようなリーダーシップをとっていくかは

それぞれのリーダーの個性やリーダーが向かう方向によって

異なってきます。

 

 

さまざまなリーダーシップの方法に

いい、悪いはありません。

 

むしろ、リーダーに合った方法、

また、その組織にあった方法を選ぶことです。

 

合わない方法で行えば、

きっとどこかに必ずひずみが出てくるでしょう。

 

たとえば、リーダーがワンマンで、メンバーの声は打ち消されてしまい、

イヤイヤしかたなくリーダーについていくしかないとなると、

チームは暗く、常に重たい雰囲気がつきまとい、

仕事をしたくない人が続出するでしょう。

 

また、メンバーが自由に好きなことをすることで、

好き勝手して、リーダーの言うことを聞かず、

暴走してしまい、歯止めがきかないということもあるでしょう。

 

合わない方法であれば、どこかしら、何かしら

おかしな方向へと向かっていくものです。

 

 

適材適所というように、それぞれの個性や

組織に合った方法があります。

 

合った方法で行えば、リーダーもまたメンバーも

いずれもそれぞれのベストポジションで、それぞれのチカラを出し合って、

最高のチームを形成していくことができます。

 

そして、いちばん重要なことは、

けして、リーダーはぶれてはいけないのです。

 

ここ!という目指す先は

しっかり見据えておくことです。

 

それが企業であれば、理念であり、

経営者が経営をしていく上でたいせつな目的になります。

 

ぶれずに、目指す先を見据えて、

リーダーシップを発揮していきましょう。

 

 

 

リーダーシップを発揮する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る